メールレディとは?仕事・報酬やメリット&デメリットを徹底解説

最近は在宅で出来る仕事は多種多様ですが、メールレディの仕事もスマホがあれば在宅でできる仕事の一つです。
メールレディはスマホで在宅できる仕事ですが、具体的な仕事内容や報酬が分からないと始めることは不安ですよね。

SNSやネットを使ってお金を稼ぐ方法は様々ありますが、「メールするだけで稼げるなんて怪しい!」と感じる女性もいるのではないでしょうか。有名インフルエンサーならいざ知らず、自分なんてSNSのフォロワーも少ないし、稼げるなんて本当なの!?このように思うかもしれませんが、本当にメールのやり取りがお金になるのです。ただし、あくまで副業・小遣い程度と思ってください。メールレディで高額報酬を稼ぐことは難しいです。

そのため、主婦や会社員の人が副業として働くのにおすすめです。

ちなみに、SNSを利用したトラブルは急増しています。総務省に具体的な事例など細かく紹介されているので、一度チェックしておくと良いでしょう。

関連:チャットレディとの違いについて

この記事では、メールレディの具体的な仕事内容や報酬そしてメリット&デメリットを徹底解説していきます。
メールレディの仕事に関心や興味があるけど、知識がないから不安に感じている女性でも、内容を知ることで安心して稼ぐことができるようになるはずです。

メールレディとは

メールレディとは、お客さんとメールでやりとりをする接客業になります。
チャットサイトを利用している男性会員がお客さんとなり、テキスト・画像・動画などをやり取りするのが仕事です。

メールだけで交流するから、直接対面でお客さんを接客したり、テレビ電話(ビデオ通話)や画面越しに会話することもありません。本当にメールでのみ男性とやり取りするのが仕事になるのがメールレディです。メールだけでお金が稼げる副業なら嬉しいですよね!具体的にやる内容について紹介するので、気になったらチャレンジしてみてください。

メールレディ報酬発生の重要ポイント!!

メールでやり取りするだけで報酬が発生するのは間違いないのですが、一番重要なことは「お客さんがメールを閲覧」「お客さんがあなたにメールを送信」しないと報酬が発生しない点に注意してください。あなたが一方的にメールを送りまくったところで、報酬は発生しない仕組みだということを理解しておいてください。

関連:メールレディの報酬について

メールを送信したけどお客さんが見ていない報酬発生しない
メールを送信してお客さんが閲覧した報酬発生
あなたにメールが届いた報酬発生
掲示板へ画像を投稿して閲覧された報酬発生

メールレディの働き方は2種類!スキマ時間の副業でやれる

メールレディにはアダルトとノンアダルトの2種類があり、自分が好きなジャンルを選んで働くことができます。
どちらのジャンルを選ぶのかによってメール内容に違いが生じますから、負担にならない方を選ぶようにしてください。

アダルトジャンルの場合には、下ネタ・初体験の感想や年齢・好きな体位・スリーサイズ・性癖などのエッチな内容がメインになります。

ノンアダルトジャンルの場合には、雑談・日常会話・趣味・愚痴や悩み相談などがメインになるでしょう。

基本的にノンアダルトはエッチな内容が禁止されていますが、軽い下ネタは許容範囲だというお客さんもいますから、そのあたりのことは理解しておくと良いでしょう。いずれにせよメールでやりとりするのが仕事になるので、副業として会社員や主婦・ママにもできる仕事なのが嬉しいです。

関連:チャットレディとの違いについて

複数サイトの掛け持ちOK

1つのサイトで専業にするのもアリですが、メールレディは掛け持ちがOKになっています。チャットレディのように「専属契約」が存在しないので、複数のサイトに登録して色んなサイトのお客さんとメールをしても問題ありません。

チャットサイトの数は多いので、1つのサイトに限定するよりも複数サイトで掛け持ちをする方が稼げる割合が高くなります。

会員が多ければ簡単に稼げる!?

会員数の多さ=お客さんの人数ですから、会員数が多いサイトなら稼げる!と思う人もいるかもしれません。
しかし、会員登録をしているからといって、その会員が必ず毎日利用するとは限りません。利用する時間帯や日数もお客さん次第になるので会員数が多いから稼げるとはならないことを覚えておきましょう。

お客さんの利用が少ないときには、全く仕事ができないと思ってください。だから、稼ぐためには掛け持ちした方が良いのです。

関連:メールレディの報酬について

メール以外の稼ぎ方もある!

お客さんとメールをするのがメールレディの仕事ですが、メール以外にも稼ぐ方法もあります。
動画や画像などを投稿しておくことで、それをお客さんが閲覧する度に報酬が発生するシステムがあるのです。

利用するサイトによって名称は変わりますが、掲示板・ブログなどの機能があり、そこに自分の動画や画像を投稿するだけでOKです!投稿した後はお客さんが閲覧してくれるのを待つだけですから、一種の不労収益と言えるでしょう。

サイトによってはメールレディの私物を売れる場合もあります。自分が着用した下着など、アイテム販売することができるのです。

稼ぎ方がいくつもあるので、工夫次第で在宅でメールを駆使するだけでお小遣い程度の金額は十分に稼ぐチャンスあるのがメールレディなのです。

自分が出品したアイテムが売れたら、もちろん売り上げは自分の報酬に加算されるシステムです。メール以外にも稼ぐ方法があるから、不労収益を得ることも夢ではありません。

メールレディとチャットレディの違い

比較表

メールレディチャットレディ
仕事の内容メールだけでやり取りビデオ通話でやり取り
(リアルタイムにオンライン)
報酬について月額数万円月額100万円も可能
年齢制限18歳以上〜40代・50代でも可能18歳以上〜20代、30代が中心
ジャンルアダルト・ノンアダルトアダルト・ノンアダルト

よく混同されるのが「チャットレディ」と「メールレディ」です。
チャットレディについては詳しく解説しているので、そちらをよく読んでいただくと理解できるようになっています。
ガッツリ副業や本業として取り組むなら「チャットレディ一択」になるでしょう。スキマ時間にちょっとだけ副業したい、今の仕事に+アルファの収入が欲しいなら「メールレディ」が向いています。

関連:メールレディは主婦もOK!

チャットレディとメールレディの違い

簡単に説明すると「メールレディ」はメールでのみお客さんとやり取りします。
メールのみなので、オンライン含めて完全に非対面です。自分が顔を出してお客さんとビデオ通話することはありません。


「チャットレディ」はオンライン通話でお客さんとやり取りします。「顔出しするorしない」は人によりますが、基本的に顔出しして働くことが前提です。オンライン通話でリアルタイムに画面越しで男性とやり取りして働くスタイルです。

チャットレディとどっちが良いの!?

副業としてガッツリ稼ぎたい!本格的に短期間でお金を稼ぎたいなら「チャットレディ」です。後ほど詳しく解説しますが、メールレディは副業として働く人がメインとなり、月額報酬は2万円〜3万円程度の人がほとんどです。メールレディだけで食べていくことはとても難しいと言えるでしょう。

チャットレディなら高額報酬を狙える仕事なので、月額数十万円を稼ぐ女性も珍しくありません。
ガッツリ高収入を狙うなら迷わずチャットレディに挑戦すべきでしょう!ただし、リアルタイムにビデオ通話することになるので、そこをクリアできることが条件です。どちらも固定給ではなく完全歩合ですとなるので安定・固定で給料が欲しい人には向いていません。チャットレディなら高額収入を狙えますが仕事内容は簡単ではありません。求人はたくさんあるので、やる気があればすぐにでもスタートすることできます。

メールレディを始める方法

メールレディの仕事を始めるには、サイトに応募をするのが一般的な方法になります。メールレディでもOKというチャットレディ事務所もありますが、テレフォンレディやチャットレディの仕事をしながらメールレディもするといったパターンが多いため、おすすめはできません。

どうやって探すのが良い!?

「メールレディ」というキーワードで検索をすると、複数のサイトが表示されます。自分の希望に合う(報酬単価やジャンルなど)サイトを選んで応募してみましょう。

応募or登録フォームへ進み、氏名や生年月日などの必要事項を入力していきます。

そして必要事項を入力したら、年齢確認&本人確認ができる身分証明書を添付・撮影してメール送信する流れになります。

サイト側で本人確認などが完了したら、ログイン用のアドレスやパスワードなどが記載されているメールが届きます。これで準備完了となり、サイトにログインしてプロフィールを作成したら仕事開始となります。

メールレディで稼げるの?報酬・時給はどのくらい?

在宅でも働けるメールレディについて、実際にどれくらい稼げるのか気になると思います。メールレディの報酬・時給換算にするとどのくらい稼げるのか、詳しく解説していきますので、参考にしてください。

完全歩合制

メールレディの報酬は完全歩合制になっていて、メールする回数が多いほど報酬も増えていきます。お客さんからのメールを受信する・投稿した画像などを閲覧される度に報酬が発生するから、頑張れば頑張った分だけ稼ぐことが可能です。

利用するサイトによって報酬額に違いはありますが、具体的な報酬額をご紹介しするので、目安として捉えてください。

種類報酬額
通常メール受信10円〜40円
画像付きメール送信10円※閲覧された場合のみ
画像付きメール受信40円程度
動画付きメール送信25円程度※閲覧された場合のみ
動画月メール受信50円程度
画像投稿1閲覧毎に10円程度
動画投稿1閲覧毎に20円〜60円程度

メールレディの報酬は基本的にお客さんが閲覧・メール送信をしてくれた場合のみ発生します。
あなたが「動画や画像付きメールを送信」したとしても、お客さんが閲覧しなければ報酬は発生しないシステムとなっています。

反対にお客さんからのメールを受信した場合には、画像&動画付き・メッセージのみでも報酬が発生する仕組みになっているのです。

つまり、お客さんに見てもらうことが大事になります。いくら何度もメール・画像・動画を送ったとしても、お客さんが閲覧しないと報酬が発生しません。何度もやり取りしていくうちに、お客さんがあなたからのメールを楽しみにしてくれる関係性を作れれば、メールを送信するたびにお金になるので、毎日のルーティーンにしてしまえばお小遣いとして十分稼ぐことができるでしょう!

報酬発生の仕組み
メールを送信した✖️送信しただけでは報酬になりません
お客さんがメールを閲覧○お客さんがメールを閲覧したら報酬発生
お客さんからメールを受信○あなたに送信されれば報酬発生

メールレディの給与・報酬について

月平均は2〜3万円と思ってください

メールレディは完全歩合制ですが、平均的な月収は2~3万円程度の人が大半です。本業でメールレディする女性よりも、副業やお小遣い稼ぎという感覚で稼ぐ女性が多いくなっています。

先ほどご紹介したように、1通あたりの報酬額は15円~40円程度ですから、高い報酬を得るのは難しいのが現実になります。またお客さんからのメール受信回数が同じだとしても、1通あたりの報酬額が違うため、利用するサイトによっても月収額は変動するでしょう。

ただし完全歩合制のため、稼いでいる女性は月収10万円以上!という人もいるのは確かですね。

あくまでも目安の金額になりますが、メールレディは月収2~3万円だと捉えておきましょう。

報酬をもらうには

基本的には月払い・自由精算の2種類があり、どちらを選択しても自由になっています。
月払いの方は締め日までに稼いだ報酬全額を振り込み日に自動精算という形になり、自由精算の方は自分の好きなタイミングで申請することが可能です。

事前に登録している本人名義の銀行口座(ゆうちょ銀行やネットバンキングもあり)に振込になります。銀行についてはネットバンクを利用すると便利でしょう。銀行口座を持っていなければ、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。どこが良いか迷ったら銀行一覧から最寄りを探してみるのもアリです。

締め日や精算日などはサイトによって違いがあるため、メールレディをやる前に確認しておきましょう!

また、サイトと直接契約をした場合の精算方法になります。チャットレディ事務所などと契約してメールレディで稼ぐ場合には、事務所の精算方法が(月2回払いや週払いなど)優先されるようです。

年齢について、高校生でも働けるの!?

メールレディとして働くには本人確認手続きが必須です。そのため年齢を偽って登録・働くことはできません。

働ける年齢は満20歳以上となっているところが多く、19歳以上でも可となっているところもあります。
年齢上限については設定されてないため「40代・50代」であってもメールレディとして働くことできます。

メールレディは主婦もOK!副業におすすめ

年齢の上限は設定されていないので、主婦・ママさんでも働くことOKです。
アラフォー・アラフィフなど40代〜50代の主婦層でもメールレディとして働くことできるので、主婦の副業として適していると言えます。

家にいながら在宅副業としてメールレディすることで、ちょっとした小遣いをゲットできちゃいます。
暇な時間・スキマ時間の副業としてメールレディすることで、月に2万〜3万程度の小遣いを稼ぐことできれば、家計の足しにすることになります。
長時間働けるなら、パート・契約社員・派遣社員の仕事を探すのも良いですが、自分の都合で自由なときに働ける仕事を探している人は一度検討してみてください。

高校生でもできる!?

いいえ、高校生でメールレディはNGとお考えください。実際にところ、ほとんどのところが高校生は不可となっています。高校生でも働くことできまるメールレディサイトありますがおすすめできません。高校生で効率的に高収入バイトでメールレディやりたいと考える人もいるようですが、18歳になっていて年齢制限はクリアしていても、多くのメールレディでは不可扱いです。一部18歳になっていれば高校生でも働けるところありますが、トラブルの元になりかねないため当社では推奨していません。高校を卒業して条件を満たしてから働くようにしましょう。

日本国内の法律に基づいて運営されているメールレディで本人確認不要なところはありません。海外が運営元など怪しいところもありますが、そういったところを使うのはさらに危険なので、避けるべきです。

高校を中退してる場合はどうなるの!?

高校を中退、または中卒で高校へ通っていないケースですが、それでも不可です。
本来は高校生である18歳の年齢のうちはメールレディとして働く方法は非常に限られており、実質的に不可と思ってください。少なくとも当社では高校生でメールレディの仕事をご案内することはできません。