【高報酬率】在宅チャットレディ募集中

チャットレディのスクショ対策・画像や動画の流出リスクを防ぐ方法

チャットレディとして働いている方や、これから始めようと思っている方の中には、「チャット中にスクショされたらどうしよう」という不安を抱えながら働いているチャットレディが多いと思います。

そのため、チャットレディとして働く女性にとって、稼ぐノウハウと同様にスクショ対策が重要になってくるのです。

スクショ対策の基本は顔を出さない

チャットレディでスクショ対策するなら、もっとも手軽で確実な方法が、顔を出さない(マスク着用)で仕事することです。これが最大のスクショ対策になります。顔出しNGでチャットすれば、万が一悪質な客にスクショされたとしても、その画像・映像に写っているのは誰なのかわかりません。

顔出しナシで働くデメリットについて

男性客は女性の顔を見ながらチャットしたいと考える人が多いです。そのため顔を出さないことで、チャットへの参加者が減る可能性あります。

ただし、あえて顔を出さないことで魅力的に見えるように「アングル調整・照明・服装を工夫」することで、顔出しナシでも十分稼ぐこともできます。つまり、工夫次第でどうにでもカバーできるということです。

もっとリスクを排除したいなら「バーチャル」でやることです。稼げる金額はガクッと下がりますが、バーチャルならスクショされようが自分の体は一切写っていないので、関係ありません。

3つのスクショ対策

⚫︎マスク着用、ガッツリメイクして変装する
⚫︎顔を出さないで接客する
⚫︎バーチャルチャットレディをやる

今やマスク着用で接客しても違和感を持たれることはありません。
2020年〜2023年のコロナ禍によってマスクを着用するのが当たり前になりました。最近はマスクを外す人が増えましたが、接客業に従事している人など、今でもマスク姿の人を見かけることが少なくありません。

このような事情もあって、チャットレディが接客中にマスクしていても何の違和感も持たれなくなりました。
マスクを有効活用するのはおすすめです。目元をバッチリメイクすれば、顔に自信なくてもカバーできます。マスクの下を見せてとか言われることもありますが、そこはうまく交わす方法があるので問題ありません。

家族バレや本業にバレたくないならこちらをお読みください

チャットレディは個人事業主だから、所得に応じて確定申告が必要です。副業として働くなら、住民税を別途で納税することになるのですが、これらの手続きによって家族や本業にバレる可能性あります。

そこで、確定申告・住民税の納付によるバレるのを防ぐ方法について解説しています

確定申告や住民税の納付でチャットレディの副業がバレる!?同居家族・旦那にバレない、回避方法を解説
完全顔出し無しで働く実践者にインタビューしました

当社に所属している在宅チャットレディの方へインタビューしました。
この方は「顔出し無し」で働いているため、「身バレリスクは感じない」ということです。
最大のスクショ対策・身バレ対策は顔を出さないことです。それを実践している方のリアルな声なので、参考にしてください。

詳細はこちらでご確認ください。

チャットレディとして働く前に
  • スクショによる画像・動画の流出リスクを知る
  • スクショ対策について徹底的に理解して実践できること
  • 稼ぐにはノウハウ・サポートがないと無理
  • 誰でも簡単に稼げる時代は終わった
スクショで写真や動画がネットに拡散される

ネットの世界では情報が驚くほど速く拡散するため、スクショされた写真や動画がネットに出回ってしまうと、噂や誤解が広まる可能性があります。一度ネット上で拡散されたものはあっという間に広がってしまうリスクがあるので、細心の注意しなくてはなりません。

ましてやチャットレディで裸姿の写真や動画だったら、拡散スピードも早く、あっという間に広まってしまうでしょう。

こんな画像・動画が拡散されたら最悪

  • あなたの上半身裸の姿で、顔もわかる画像が拡散
  • 下着姿で写ってる動画や画像が拡散
  • 顔がバッチリわかる画像・動画で上半身肌姿の内容が拡散

どのシーンもSNS・ネット上で拡散されたら最悪です。

いずれのシーンもアダルト分野のチャットレディとして働いていれば、普通にあるシーンです。もちろん下半身の露出は映すこと自体がNGなので、スクショされることはありませんが、上半身裸姿や下着姿の画像・動画がスクショされることはあり得ることです。

また、周りにチャットレディをしていることを知られたくない人もスクショ対策は徹底する必要あります。チャットレディの仕事自体は違法なわけでもなく、決してやましい仕事ではありませんが、自分のプライバシーを守ることは大切なことです。

スクショとは

「スクショ」とは、「スクリーンショット」の略語で、パソコンやスマートフォンなどの画面に表示されている内容を静止画像として撮影することを指します。通常、特定のキー操作(たとえばWindowsでは「Windowsキー + PrtScn」、Macでは「Command + Shift + 3」など)を行うことで、スクリーンショットを撮影することができます。

現在ではスマホのカメラが高性能化しており、パソコンのスクショ機能を使わずにして、高品質な画像がスマホで撮影できてしまうため、スマホを使ったチャット中の画面・動画を盗撮されるリスクが高いです。

悪い意味で気軽に撮影できてしまうため、男性客も軽い気持ちで撮影してるケースが少なくありません。スクショした画像や動画を拡散目的で撮影するような悪質極まりない客はごく一部しかいませんが、それでも拡散されなければ良いわけではなく、スクショという行為自体が絶対的にNGです。

チャットレディとして働くなら「スクショ対策・盗撮対策」について徹底しなくてはなりません。
あらかじめ対策を講じておけば、ある程度防止することできるので、以下にあげる対策を心がけて働くようにしてください。

そもそもどうしてスクショされるのか!?

  • 個人的に保存して楽しむ
  • アダルトサイト等へ販売してお金を稼ぐ
  • 個人的な嫌がらせに使う

このような理由でスクショされることがほとんどです。
具体的に説明していきます。

個人的に保存して楽しむについて

ライブチャットはお金がかかるため、スクショ保存で少しでも安く済ませようというセコい考えの男性がいます。

できれば毎日のように〇〇ちゃんとチャットで楽しみたいけど、お金がもったいない・・・・」
「給料出たから思う存分チャットを楽しめる今のうちに、貴重な映像は保存して後でもう一回楽しもう!


このようにスクショして画像・動画を保存しておけば、週に何度かはそれだけで我慢できます。こんな感じで保存する男が多いです。きちんとお金を払ってチャットすべきなのに、一度の映像を何度も楽しもうなんてセコイ根性しています。

ただ、第三者へ拡散するわけではないので、被害としては最小限ですが、決して許されることではありません。
明確なルール違反なので、厳正に対処したいです。

アダルトサイト等へ販売してお金を稼ぐについて

これはとても悪質で、保存した画像・動画を有料で販売するためにキャプチャする場合があるのです。この場合は、個人的な楽しみとかではなく、完全にお金目的で盗撮しています。この被害に遭うと本当に最悪で、あなたの裸姿がネット上に拡散する可能性があります。非常に悪質極まりない行為なので、厳正な対応が求められます。

ライブチャット側も一定の対策を実施していることから、ネット上に拡散や販売されることはほとんどありません。客側も自分が提供したことがバレることをわかっているので、リスクを冒してまでスクショした動画や画像をネットにあげることはしないのです。

ただし、海外のチャットサイトはなんでもあり状態なので、危険性は一気に高まります。
そのためチャットレディとして働くなら、国内の大手サイトに限定して働くようにしてください。

個人的な嫌がらせに使う

ストーカーまがいのユーザーから裸の画像・動画を理由に個人的な付き合いを迫ってくる輩もいます。
最初はとても優しく紳士な対応をしていたファンだったのに、ある時を境にスクショした画像・動画を使って嫌がらせしてくるのです。

ライブチャット運営側の対応について

大手のチャットレディ会社は、スクショや動画のネット流出を防ぐために、画面上に会社のロゴマークや会員IDを表示するなどして流出対策を実施しています。このような対策は、スクショが流出した場合に犯人を特定しやすくするためです。

女性が被害に遭ってしまったら、ライブチャット会社のイメージダウンに繋がってしまいます。女性が安心して働ける環境を用意することがライブチャット側の役割になるので、スクショ対策に力を入れています。

しかし、スクショ対策についてはイタチごっこ的な側面があるため、運営会社の対応へ過度な期待を寄せるのはやめましょう。自分の身は自分で守ることが求められます。

海外サイトはNG

海外のライブチャットサイトの利用を促す事務所もあるようですが、海外サイトはリスクが高くなります。報酬の未払いリスクもあるでしょう。

例えば、運営者が不正な方法で利益を得ようとするケースもありますし、ユーザー自身のモラルも低い可能性があります。国内のサイトなら下半身を露出する行為はNGですが、海外だとOKだったりします。

安易に稼げるとか事務所が勧めたということで、海外のサイトを使ってチャットするのはやめましょう。

そもそも法的にグレーな部分もあるので、リスキーな海外サイトではなく、安心できる国内の大手ライブチャットサイトに限定することを強く推奨します。

スクショを完全に防ぐことは無理

現時点では、スクショを完全に防ぐ方法はありません。

パソコンやスマートフォンには、スクリーンショット機能が搭載されています。
また、カメラやスマートフォンでパソコン画面を録画することも可能です。

これらは、客がバレないように操作することで撮影できてしまうため完全に防ぐことはできません。
したがって、悪意のある男性会員からスクショを完全に防ぐことは不可能なのが実態です。

今すぐやるべきスクショ対策

では、どうすれば良いのかということですが、具体的な対策をご紹介します。

最大の対策は顔出ししないこと

ネット上で自分の顔を出すことに不安を感じるなら、できるだけ顔出しを避けることをお勧めします。

ただし、顔を出したほうが稼ぎやすいという現実もあります。特にスタイル・声や話術に自信ない場合は、一般的には顔出しすることが推奨されおり、ランキング上位にいる人のほとんどが顔出しでチャットしています。

マスクの着用は有効

最近では、マスクつけることが一般化しており、マスクで顔の半分程度を隠すことができれば身元特定をある程度防止できます。そのため、マスクをつけたまま勤務するのはとても有効であり、2023年現在は多くの女性がマスク着用しています。また、顔を一切出さずに上半身だけで勝負することもありです!トップレベルに稼ぐことはできませんが、月額10万円〜30万円なら顔出しナシでも十分狙える金額です。

顔出しナシで稼ぐなら絶対にノウハウが必要!もし稼げないなら事務所に相談して、あなたのプロデュース方法を再検証しましょう。親身に相談に乗ってくれない事務所もあるようですが、そんな事務所へ所属していたら時間の無駄。あなたの貴重な時間を無駄にしないために、ガッツリサポートしてくれる事務所へ移籍することをおすすめします。

顔出しするなら変装して個人が特定できないようにする

顔出しで仕事するなら、ウィッグ着用・濃いめのメイクなど、普段と違う印象になるようメイクすることです。
光の当て方にも注意して、知人が見ても自分だと気付かれないレベルまで変装することです。
カメラのアングルを調整する、アップにせず引きの映像だけにするなど、工夫できることはやっていきましょう。

チャットレディ事務所には大抵メイク道具や変装用の小道具が用意されているので、それらを利用してチャットレディとして働く際は変装しましょう。

顔出し&アダルトやるならパーティチャットはしない

パーティチャットは、複数人で同時にチャットを行うため、誰が参加しているかわかりません。
そのためプライバシーが保護されづらく、スクショや動画撮影のリスクが高まります。

さらに、パーティだとスクショされた画像・動画が流出したとしても、犯人探しが難しくなるので、顔出しでアダルトするならパーティチャットは注意しましょう。

そのため人によっては、双方向でないとアダルトはしないとか、パーティでは脱がない、など、一定の自己ルールを作っている人もいます。

ただし、、、現実的には稼げるのはパーティチャットです。
そのため月額50万円以上稼ぎたいならパーティ&アダルトは必須条件と言えます。

稼げるのはパーティチャット

矛盾するかもしれませんが、稼げるのはパーティチャットです。一気に10人以上が参加してくれれば、稼げるスピードが全然違います。稼いでいる女性の多くがパーティをうまく活用しています。

  • パーティ中の顔出しは注意する
  • 顔のアップは写さない
  • 顔から下だけの映像に切り替える

このような方法で顔と体が一緒に写ってるシーンを少なくする工夫もあります。


少なくともパーティチャットで顔出しするなら、裸はナシにするなど工夫したほうが良いです。

脱ぐなら顔と体を一緒に映さない

チャットレディとして働く上で、アダルト要求をする男性会員が多いことは事実です。稼ぎやすいジャンルもアダルトです。

アダルトで「裸を見せる」なら「顔と体を一緒に映さない」ことです。

先ほどもお伝えしましたが、顔と裸が同時に写ってることがリスクを増大させるので、顔を写すときは「おしゃべり」だけにしておいて、アダルトやるなら顔は出さないとか、引きで映像移して顔がわからないようにすることも方法です。

仮に悪質な客に体のスクショを撮られたとしても、顔が映っていなければ個人が特定される心配はありません。

男性会員は「顔を見せてくれたらもっとお金を使う」など、言うかもしれませんが、その言葉に踊らされないようにしましょう。今自分がチャット上に映っている画面がスクショされたとしたら、どうなるだとう?と常に考えながら仕事してください。

例えば、自分の裸体を公開する場合には、顔を隠すことでプライバシーを守ることができます。また、撮影する場合には、顔を隠すためにマスクや帽子を着用する、もしくはアングルを工夫することで、顔を映すことなく裸体を映すことができます。

流出が特定でき日付のわかるデジタル時計を写す

スクショされた画像・動画の流出はとてもつもないリスクです。

男性への抑止効果もある「チャットレディスクショ対策」はチャット画面の背景に、「日付のわかるデジタル時計」や「カレンダーと時計」のどちらかを映すようにすることです。

できればあなたの身体のすぐ後ろで、切り取りできない範囲内に「日付・時刻」が一緒に映るようにセッティングするのです。

そうすれば配信の日付・時刻が明確になり、流出した画像・動画がいつのものか簡単に特定できます。これによって、流出させた相手を特定し、法的な責任を訴えることができますし、通報や削除依頼も迅速じ行うことができます。

毎日多くの人を相手にチャットしていると、いつの配信だったかを思い出すことはとても困難です。
日付・時刻が一緒に映っていることで、チャットレディの男性ユーザーは「この人はスクショ対策してる」ということをすぐ認識します。このことによって悪質なユーザーが自ら避けるというメリットもあります。

この対策は非常に有効なので是非、今すぐ実践してみてください。

画像・動画が流出したら・・・

ネット上に他人の顔写真を無断で公開する行為は、以下の犯罪に該当する可能性があります。

  • 肖像権侵害: チャット中の画像・動画を勝手にネット上に晒す行為は、肖像権侵害に該当するでしょう。
  • 名誉毀損: 画像や動画を晒すだけでなく、誹謗中傷を書き込んだ場合は、名誉毀損が認められる可能性もあります。
  • 著作権侵害: ネット上にすでに公開されている画像であっても、それを別の場所に無断転載する行為は、著作権侵害にあたる可能性があります。

このようにチャット中の画像・動画を盗撮しネット上に晒す・販売する行為は完全に犯罪行為です。万が一客からスクショ被害に遭ったら毅然とした態度で挑み、法的な責任があることを加害者へ知らしめるできです。

そのためにもまずは事務所へ相談し場合によっては専門家へ依頼するのが良いでしょう。

スクショのリスクを絶対排除したい!

ここまで読んでいただいた方にスクショのリスクを絶対排除する方法をご紹介します。

それは、「バーチャルチャットレディ」をやることです。最近はファンザでもバーチャルチャットレディ分野ができていて、自分で作ったアバターを動かして接客する方法があります。これならあなたの顔はもちろん、体も一切映像に映ることはありません。そのためスクショされても、何てことはありません。単なるバーチャルなアバターが映ってるだけなので、誰なのかわからないのです。

そのため、どうしてもスクショが怖い・リスクを取りたくない、ということなら、バーチャルチャットレディをやるのが良いでしょう。ただし、バーチャルだと稼ぎづらい傾向にあるので、事務所によってはバーチャルはダメとか、やって欲しくないといった雰囲気があるようです。しかも、バーチャルチャットレディはそこそこのパソコンスペックが求められるため、チャットルームの設置してある一般的なパソコンだと、バーチャルは対応できないこともあります。

バーチャルチャットレディについて興味あればこちらからお問い合わせください。当社でもバーチャルチャットレディとして頑張ってくれる女性を絶賛募集中です。リアルがNGな女性も大歓迎なのでお気軽にご相談ください。