2022年12月8日【クリスマスお見合いパーティ】エントリー受付中

もう一度、結婚について真剣に考えてみませんか!?

今やグローバル化・国際化が盛んに叫ばれていますが、結婚に関しては国際化について否定的な意見の方も少なくありません。国際結婚に関心があっても、世間体や知人、親戚の目を気にして国際結婚へ踏み切れない人がいることは事実です。しかし、実際のところ日本人と外国人の国際結婚カップルは年間21,919件(2019年)となっていて、決して少ないわけではありません。※人口動態調査より

国際結婚における結婚相手国を見てみると、夫=日本人で妻=外国人の場合における相手国は1位中国、2位フィリピン、3位韓国・朝鮮、4位タイとなっています。国際結婚を考える人の年齢ですが、当会にご相談いただく方は40代後半~50代が多いです。この年代の人の未婚率データについてご覧いただきます。

国立社会保障・人口問題研究所のデータです。
50歳時点で約4人に1人が未婚だということになります。
結婚への気持ちが高くても、結婚相手が見つからない人が多いということがお分かりいただけると思います。このような情報をご覧になって、どのようにお感じになるでしょうか!?

「一度きりの人生、自分の好きな道を選んでみよう!」と決意されるなら、当社が納得の結婚相手を決められるまで徹底サポートいたします。 >>>費用についてはこちら

1つでも当てはまれば一度真剣にお考えください
  • 女性は苦手だけど、真面目が取り柄だと自負している
  • 安定した職業に就いていて、堅実な生活を送っている
  • 結婚したら子供を考えている、親に孫を抱かせてあげたい
  • 今まで国内の結婚相談所で婚活してきたけど、全く成果が見えない
  • 無駄な婚活費用を払いたくない!とにかく結婚相手を見つけたい
結婚後の子供について

子供を授かりたい!
結婚したらやっぱり子供を考えたい

理想の女性について

20~30代女性が理想的
できれば年下の女性との結婚を希望している

婚活スタイルについて

駄な婚活費用は嫌だ!
ダラダラと成果の見えない婚活は続けたくない

どうして国際結婚なのか!?

40代~60代の男性が年下女性との結婚を希望している場合、よほどスペックに魅力がなければ年下女性と結婚することは難しいです。とくに結婚相談所など婚活に真剣な人同士がお相手探しする場を活用しているケースだと、相手女性も男性について様々な条件を希望しています。多くの男性会員がいる中で、わざわざ年上の男性を希望する女性は非常に少ないのが現実です。

女性が希望する条件について

女性が希望する男性の年収条件ですが、ズバ抜けて高い条件を求めているわけではありませんが、実際に婚活してみると非常に厳しい結果になってしまいます。そこにはデータ上の理想と現実にギャップがあるのです。

実際に結婚相談所で活動経験のある方ならよくお分かりだと思いますが、10人に申込しても全員から断られるのが普通です。40代後半~50代男性が30代半ばまでの女性へ申込しても、ほぼ全滅だと思ってください。

 

ご紹介できる国際結婚は2パターン

中国国際結婚

安心の成果型の報酬体系

国内・国際婚活も一律料金

33,000円

入会時に33,000円をお支払いいただき、国内・国際婚活をサポートします。成果(お見合い成立・成婚退会)など、婚活の成果が発生したら料金をお支払いいただくシステムです。
※通常の国内婚活(JBA登録による婚活)の場合は月額料金が発生します。
料金について詳しくはお問い合わせください。

 

安心の成果型の報酬

 

 
 
おすすめのパターン

 

 

 


日本結婚推進協会を使うメリット

相談無料、電話・ZOOM・チャットで気軽にご相談ください!
POINT 1

無料相談で納得のプランを決めることができる

POINT 2

国内と国際結婚を同時並行で進めることできる

POINT 3

成果報酬型の料金体系だから、無駄なく合理的!

 
 

 

よくある質問

20歳以上で安定した職業に就いていること。過去2年以内に健康診断で指摘を受けていないこと。その他事情により面談でご入会をお断りすることがございます。

日本で婚活して結婚式までのトータル費用は結納金含めて200万〜300万円かかります。それと同等の費用がかかるとお考えください。入会金・お見合い費用は発生しますが費用の大部分は成果型です。日本の結婚相談所で活動していると、成果が出なくても年間30万円前後のかかることになります。ご自身の考えに合った方法をお選びください。

お気軽に無料面談を活用ください。ご来店いただく、喫茶店での対応も可能です。遠方の方はZOOMを使ったオンライン相談を実施しています。時間は1時間程度とお考えください。

タイ国際結婚の場合は必ず現地へ出向いてお見合い・婚約することになります。中国国際結婚より多くの経費が発生するため費用が異なります。他の相談所と比べて高い料金設定になっているかもしれませんが、サポートの質が異なるとご理解ください。