2022年12月8日【クリスマスお見合いパーティ】エントリー受付中

どの方法が良いのか迷う

タイ国際結婚・中国国際結婚の魅力はわかったけど、実際のところどちらを選ぶべかわからない。

そのような方にこれまでのアドバイザー経験から、検討にあたりポイントとなることをいくつかお伝えします。

お客さま

結婚したい気持ちはものすごく強いのですが、女性が苦手でして・・・・。これまで恋愛経験はほとんどありません・・・
女性が苦手で、これまで恋愛経験がほとんどないという方は、タイ人女性のほうが合うのではないでしょうか。微笑みの国と言われるように優しく、思いやりのある女性が多いです。比較的年齢が若く、安定した職業に就いているなら在日の中国人女性とお見合いしてみるのが良いでしょう。お客さまの状況によって選び方は様々です。一つの方法に決めず行動してみるのが良いと思います。

アドバイザー

年齢・年収・成婚の可能性はこのような感じです

年代別の成婚できる可能性

中国国際結婚で成婚の可能性 タイ国際結婚で成婚の可能性
40代 ⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
50代 ⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️
60代 ⭐️ ⭐️⭐️

年収別のおすすめ度

中国国際結婚で成婚の可能性 タイ国際結婚で成婚の可能性
400万円 ⭐️⭐️ ⭐️⭐️
〜500万円 ⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️
〜600万円 ⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️
〜800万円 ⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
800万円以上 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

中国国際結婚の魅力

気軽に婚活できるのは中国国際結婚になります。
日本国内でお見合いできることは、魅力に感じていただけるのではないでしょうか。

デメリットはお相手女性も「結婚条件」を求めてくることです。

日本で暮らしているため生活水準についてもある程度理解しています。
「どの程度の年収があればどのような生活が送れるか」もわかっているため、理想が高くなっている女性もいます。

マッチングすれば成婚までスムーズ

日本で暮らしている女性のため、マッチングすれば交際期間を経て成婚することになります。お互いの性格をよく知ることができるのは安心感に繋がること間違いありません。

こんな理由で国際結婚を選ぶ方も多いです

仕事の関係で中国・タイで数年間暮らした経験があり、国際結婚を選ぶ人も少なくありません。

・海外赴任先がタイ・バンコクであった
・中国北京や大連など日系企業が多く進出している地域で働いていた
・旅行が好きでタイへ何度も行ったことがある
・日本で暮らすタイ人女性の知り合いがいる
・国際結婚した知人がいる

1~2年暮らした経験ある方だと、国際結婚へのハードルが低いです。現地で生活していた経験があるためその国の女性の性格をよく知っているのでます。

✅偏見もなく、国際結婚に抵抗ない方が多いです。

このようなケースだと「中国女性と結婚したい」「タイ女性と結婚したい」と
希望条件が明確なため、良い人と出会えれば、すぐ成婚される人もいます。

迷ったら行動しながら考える

迷っていて行動できないのが一番問題と考えます。

50代以上になれば、この先1年の行動がとても大事です。いますぐ行動して1年後に成婚するのと、1年間色々考えて1年後から行動するのでは早く行動するほうが絶対に良いと思いませんか。

 

入会金3万円 3パターンの婚活を個別コンサルでご提案

入会金3万円で「国内婚活・タイ国際結婚・中国国際結婚」の3パターンの婚活方法をご提案可能です。途中で気が変わったから「国内婚活」で進めたくなっても、逆に「国内婚活→国際結婚」へシフトすることも可能です。会員様が納得いくまでサポートいたします。
※実際の活動には入会金の他に費用が発生します。一例を下記に挙げておきます。

お見合い費用 月会費 婚活スタイル
国内婚活 8,800円 6,380円 ご自身でお相手探し
タイ国際結婚 22,000円(初回) 0円 個別コンサル
中国国際結婚 11,000円 0円 個別コンサル

「どれか一つの方法」でお相手を探すのではなく全てに挑戦して「結婚したい女性」を探すことに重点を置きましょう。

インターネットを使えば様々な情報を得ることができるでしょう。その情報を鵜呑みにするのではなく、ご自身で「お見合い」してみることで、国際結婚が「アリか?ナシか?」を自分の感性でご判断いただくのが一番です。

当会を使うメリット
  • 余計な回り道をしないで婚活できる
  • 一度入会すれば国内も国際も対応できる
  • 1年後には結婚生活スタートも夢ではない
国内婚活について
国内最大級の結婚相談所連盟であるJBAを使ってお相手探しが行えます。月額6,380円で活動できます。詳しくはこちら