【30代女性150人の意見】アラフォー・40代男性の理想貯蓄額っていくら?

婚活において「男性の経済力」が重要視されることは言うまでもありませんが、アラフォー・40代男性なら、なおさらその傾向が強くなります。この年齢層の男性には「貯蓄額は●●くらい」持ってないと話にならない・・・など、一定の経済力が求められます。

この経済力が求められる背景には、40代になると結婚や家族を考える上でのリアルな生活費や将来の不安が増えてくるからです。子供の教育費や老後のこと、さらには現在の生活を維持するための経済的なサポートが必要とされるケースが多いのです。そのため、安定した経済基盤があることが、女性から見て信頼感や安心感をもたらす大きな要素となるのです。

貯蓄と投資

貯蓄は、将来の予期せぬ出費や緊急事態に備えるための資金となります。一方、投資は、資産を増やし、インフレーションに打ち勝ち、将来の財政的な目標を達成するための手段です。しかし、リスク管理が鍵となり、貯蓄はリスクが低く、確実性がありますが、通常、投資によって得られるリターンよりも低くなります。

投資には株式、債券、不動産など、多様な選択肢がありますが、市場の変動により資産価値が減少するリスクも伴います。したがって、貯蓄と投資のバランスは、個々の財政目標、リスク許容度によって異なります。短期的な目標や緊急資金には貯蓄を、長期的な目標には投資を選択することが、賢明な戦略となります。最終的に、両方を組み合わせることで、安定した財務基盤と将来の成長の両方を確保することができます。

女性は結婚後の生活を具体的に考えて相手を選ぶ

女性が結婚相手を選ぶ際、多くは「この人と結婚したらどんな幸せな生活が送れるのだろうか」という具体的なイメージを持っています。これには、相手の貯蓄額や経済力に対する期待も含まれます。女性は結婚生活における安定や幸せを実現するための、相手の経済的な条件に一定の理想を抱いているのです。

もちろん、お見合いなどで直接貯蓄額を尋ねるのは珍しいケースでしょう。

しかし、結婚を視野に入れる男性の経済状況に関心を持つ女性は多いのが現実です。経済力は安定した家庭生活を築く上で重要な要素とされるため、女性はパートナーの懐事情について、とても関心を寄せています。このように女性が結婚相手に求める経済力の理解は、お互いの期待を明確にし、幸せな結婚生活への一歩を踏み出す上で重要なポイントとなります。

女性が具体的にイメージする結婚後の生活について

結婚後の住まいについて
結婚後、一緒に暮らす家について具体的なイメージを持っています。持ち家か賃貸か、都心に近いか郊外か、広さや間取りなど、将来の住まいに対する目標を持っている傾向があります。その目標を叶えるための経済力について具体的にイメージしている傾向があります。


子育て環境について
結婚後に子どもができた場合の子育て環境について考えています。子どもの教育費や習い事の費用、保育園や学校選びなど、子育てにかかる費用は相当な金額であることを理解していて、子育てにはお金がかかるイメージを持っています。


家族旅行について
経済力のある男性と結婚した場合、家族旅行へ行くことができるとイメージしています。国内旅行や海外旅行、年に何回ぐらい旅行できるのかなど、具体的なプランを想像しているケースもあるでしょう。


趣味やライフスタイルの充実
経済力がある男性と結婚することで、自分の趣味やライフスタイルを充実させられると考えています。例えば、美味しいものを食べに行く、高級なスポーツジムに通う、定期的にエステやマッサージを受けるなど、自分のライフスタイルにお金をかけられることを期待しています。

貯蓄や老後の生活のイメージ
将来の貯蓄額や老後の生活に対する期待が大きな要素となります。結婚相手と共に老後の生活プランを策定し、貯金や投資を通じて安定した老後を築くことを目指しています。具体的には、互いの収入や支出を把握し、必要な貯蓄額や投資先を検討しながら、老後に向けた資金計画を立てていくことが重要です。

30代150人へ意識調査

30代の女性150人へ「アラフォー40代男性に求める貯蓄額」をアンケート取ってみました。

アラフォー40代男性の離婚歴アリの方でも一度だけなら気にしない女性が8割以上という結果が出ています。離婚歴ありでも貯蓄があるなど、それ以上魅力のある男性なら婚活は無駄になることはなさそうです。

■調査方法:インターネットのクラウドサービスによる選択式および記述式
■対象者:150人
■調査時期:2022年9月20日~21日
■有効回答数:150
■調査期間:自社調査

アラフォー男性とは!?

アラフォー男性は「36歳~44歳程度」の男性を想定してお答えいただきました

質問1 アラフォー男性ならこの位の貯蓄があって欲しい!その金額はいくら?

  • 50万円
  • 100万円
  • 200万円
  • 300万円
  • 500万円
  • 800万円
  • 1000万円以上
  • 50万円・・・0.7%
  • 100万円・・・3.3%
  • 200万円・・・9.3%
  • 300万円・・・14.7%
  • 500万円・・・33.3%
  • 800万円・・・20.0%
  • 1000万円以上・・・18.7%

最も選ばれたのは「500万円」で33%となり、次いで「800万円」で20%の女性が選んでいます。

30代女性がアラフォー・40代男性に求める貯蓄額について

40代の男性が婚活をする際、経済面は大きなポイントです。多くの女性はお相手男性の貯蓄額に注目し、安定した経済状態を望むことが一般的です。しかし、実際には40代で800万円の貯蓄を持つ男性は多くありません。

この金額は、特に貯蓄の習慣がなかった人や、収入が平均的な範囲の人にとっては高い目標です。

それでも、800万円の貯蓄がある男性は婚活市場で魅力的と見なされることがあります。そのため、婚活を考えている40代の男性は、貯蓄状況を早めに整理し、貯金を増やす計画を立てることが良いでしょう。これは自己投資の一環であり、将来のパートナーとの共同生活への準備でもあります。

貯蓄を増やすには、支出を管理し、収入を増やす方法を模索することが必要です。貯蓄が多いほど、婚活においてポジティブな影響を与え、将来のパートナーとの信頼関係を築く基盤にもなります。

さらに、1000万円以上を求めてる人も18%もいました。

アラフォー・40代ということで社会人経験もそれなりにあるため、計画的に貯蓄してきた人ならこの位の貯蓄はあるだろうと考えているのかもしれませんが、実際には未婚のアラフォー・40代男性で1000万円程度の貯蓄・資産を持っている人は少数派だと思います。

やはり、婚活において、男性の経済力が求められることは仕方ないことなので、少しでも堅実に投資するなどして資産を増やす努力をしたいところです。以下に一般的なお堅い投資についてご紹介しておきます。

比較的お堅い投資について

お堅い投資とは、比較的リスクが低く、安定した収益が期待できる投資手段のことを指します。ここでは、いくつかのお堅い投資の例を挙げます。

国債:国が発行する債券で、安全性が高いとされています。特に、日本国債やアメリカ国債は信用力が高いため、リスクが低いとされています。

銀行預金:普通預金や定期預金は、預けたお金に利息が付くため、リスクが低い投資として扱われています。ただし、利息が低いためリターンも低いのがデメリットです。

社債:信用力の高い企業が発行する債券です。国債よりもリスクは高いですが、信用力の高い企業の社債は比較的安全とされています。

優良株式:大手企業や安定した業績を持つ企業の株式は、株価の変動が比較的小さいため、リスクが低いとされています。また、配当金が得られることも魅力です。

分散投資:複数の資産に投資することで、リスクを分散させる投資法です。インデックスファンドやETF(上場投資信託)を利用して、幅広い銘柄に投資することが一般的です。

お堅い投資は、リスクが低い反面、リターンも低いことが多いです。しかし、長期間にわたってコツコツと資産を増やすことを目指す場合、お堅い投資は適切な選択肢となります。最近では政府も積極的に勧めているNISAを活用している人が急激に増えています。

NISAについて

NISA(少額投資非課税制度)は、日本で中長期の資産形成を目的とした投資を促進するための税制優遇制度です。特に、長期的な資産増加を目指す若年層から中高年、投資初心者、節税を考える中高所得者に適しています。非課税期間内の投資益(キャピタルゲインや配当金)は非課税で、少額から積立投資を始めることができ、リスクを分散しながら資産を増やせます。しかし、リスク管理は不可欠で、投資対象や市場の変動を理解し、自身のリスク許容度や投資目標に合わせた計画を立てることが重要です。新NISAでは、投資期間の延長や非課税枠の見直しなど、より柔軟で利用者に有利な条件が提供されます。詳しくは金融庁のNISAに関するページをご覧ください。

理想貯蓄率とは

理想貯蓄率とは、個人や家族が収入に対してどのくらいの割合で貯蓄すべきかを示す指標です。理想的な貯蓄率は、収入や支出、ライフスタイル、将来の目標や状況に応じて変わります。一般的には、収入の20%~30%を貯蓄することが推奨されることが多いです。

理想貯蓄率を計算する際には、自分や家族の現在の収入と支出を把握し、将来の目標(例:老後資金、教育資金、住宅購入資金など)に対してどのくらいの貯蓄が必要かを検討することが重要です。また、緊急時に備えて、3~6ヶ月分の生活費を貯蓄することが一般的に推奨されます。

貯蓄額についてお尋ねしましたが、次は以下の項目についてどのような点を重要視するのか聞いてみました。

質問2 アラフォー男性との恋愛・結婚を考えたとき、重要だと思うポイントはどれだと思う?(3つ選んでください)

  • 人間性
  • 仕事内容や収入
  • 見た目・外見
  • 趣味が似ている
  • 友人の多さ
  • 金銭感覚
  • お酒やたばこの好み

恋愛・結婚相手として男性を見た時に何を重要視するか?といった問いなので、当然のことですが「人間性」が最も選ばれました。また、金銭感覚や仕事内容・収入についても重要な点と考えいる傾向がわかります。

質問3 前項の質問でチェックしたもので、一番重要だと思うのはどれですか?

  • 人間性
  • 仕事内容や収入
  • 見た目・外見
  • 趣味が似ている
  • 友人の多さ
  • 金銭感覚
  • お酒やたばこの好み

7割以上の人が「人間性」を最重要と考えていることがわかります。
金銭感覚も11%の人が選んでおり、お金に対する感覚のズレは防ぎたいという心理なのかもしれません。

この項目については自由形式で意見をお願いしているのでご紹介します。

「人間性」を選んだ方の意見

いくら収入が高くても人間性がダメだったらなんの意味もないと思うから。
人間性が合わなければ、一緒に暮らすことが苦痛になると思うから。
お金なんて自分で稼げばいいけど、中身が好きになれなかったらいるだけでつらいから。
やはり結婚を意識したときに一緒にいて落ち着ける人間性は非常に大事だと思うからです。
友人関係だとしても、自分で自分の機嫌が取れず人に当たるタイプだと一緒に過ごすことが難しいから。
ここがダメだと話にならないから
人間性に惚れないと結婚したいと思えません。
人間性が自分の人間性とあう人であれば収入面や金銭感覚などは二人で摺り合わせが可能だと思うから。
性格が合わないと一緒にいるのは苦痛だから
お金を持っていても心が無いとしんどい
一緒に生活していく上で合わないとすぐ離婚になりそうだから。
人間性はなかなか変わらないから
人間性は、歳を取ってもずっと変わらないと思うから。
人間性が悪いと不信に繋がり関係が破綻するので。
人間性がなければ一緒に生活が出来ないと思う。優しい、辛いとき励ましてくれる気持ちは重要であり、困ったとき乗り越えられる安心感がある。
人間性は、総合的にその人の育った環境や性格を表してると思うので一番に選びました。
人間性が合わない人とはまず一緒にいられないから。、
何に関しても最終的には人間性だと思うからです。
人柄は変わらないから
他人を尊重する優しさや気遣いがないとと同居生活が苦しくなりそうだから。
その年まで独身の理由になるから
人間性が合えば、話し合いなどで他はなんとかなるから。
その人がどういう人かを総合的に見て、付き合う・結婚する等を決めたいから。
人間性が悪いと結婚しても不安が強くなりそうだから
人間性がその人のすべて
一般的な常識や倫理観が通じないとコミュニケーションがうまくいかず苦労しそうだからら、
結婚後に一番変えられない部分だと思うから。
今までで構築された人間性は今後なかなか変えることは難しいと思うので相性は重要視したいです
人間性が良くなければ、長く付き合うのが難しいと思うから
“一緒に生活していく上で重要。
思いやりの心、気遣いの心があれば恋愛、結婚生活は上手くやっていけると思います。”
“将来子供ができたときに父親として
一緒に育てられる人がいい。自己中心な人は
大切にできる力がないため”
結婚生活において、その人の根本的な人間性だけは変えられないため。見た目は我慢できるし、収入や金銭感覚は互いに支えあったり、自分が直してあげることができる。
子育てを協力してくれる男性でなければ、ストレスになり共働きも出来ないので人間性が大事だと思います。
人間性がしっかりしていないといくらお金があってもうまくやっていけないと思うから。
人間性がよくないと尊敬できないし、一緒にいたくないから
やはり年齢が高くなるにつれ、結婚していないことに何かしらの理由があると思ってしまいます。人として何か欠点があるのか、仕事人間だったのかたまたまタイミングが合わなかったのか…見極めるのには人間性かなと思いました。
まずはやっぱり人間性が第一だと思います。人間性がきちんとしていないとすぐ別れてしまう気がします。
人間性がよくなければ好きにならないので一番大切です。
個人的に、性格が合わない人とは一緒に居られないので人間性は大事だと思いました。
結局浪費や浮気・DVなどの離婚に繋がるトラブルは、人間性の問題だと思うので。、
どんなにいい仕事をしていたり顔が良かったとしても、人間性が悪いと幻滅することが多いし、長く一緒にいるなら重要だと思うため。
全てに人間性が当てはまるから
人間的に魅力を感じないと嫌だからです。
人間の中身が重要だと思うので選びました。
40代ぐらいにもなると、その人に性格に難ありでも指摘されて直そうという姿勢が少なくなってくると思います。40年間培ってきたマイルールみたいなものができていると思う。であれば、もともと人間性のしっかりした、常識があり穏やかな人を選びたいと思うから。
人間性さえよければ、話し合いで解決しないまでもお互いのことを思いやって歩み寄れると思う。あとは気にしないものも多い。
人間性がずれているような人だと、いくらお金があっても趣味が合ってもいずれ不満が出てくると思うから。
付き合っていく上で、人間性が合わないのはいやだから
年齢的に結婚を考える年齢だと思うので、一緒に生活することを考えると人間性が大切だと思います。人間性は簡単に変わるものではないと思う。
お金があってもこれから一緒にいる上で性格が重要だから
人間性が悪いと一緒に暮らしていく上で苦しめられそうだから。
40代だと、今までの人生経験から人間性が確立していると思いますし、これから人間性が劇的に変わることはないと思うため、収入など頑張ればどうにかなるものではない人間性が1番重要だと思います。
結婚を考えると例え外見が良くとも人間性が良くない人とは一緒に居られない為です。
結局人間性が最後にの判断材料になるかなと思います
人間性以外がどんなに優れていても肝心の人間性が合わないと結婚して一緒に住んでいてもストレスが大きいから。
性格が合う人でないと続かないと思うので。
人間性が合わなければ他が良くても無理
“40代で独身だと自分の意志を尊重してもらえなかったり、
思うようにならない時にどのような人間性がでるのかが重要だとおもうからです。”
収入や見た目がよくても、人間性が合わない人とは結婚生活を送れないと思うため
家族になる事を見据えたら人間性は一番外せない。
常識人であって欲しいから
人間性が合わない(常識外れのような人)だと、なにをしててもイライラしそうだし、一緒にいるのが苦痛。
一緒に生活していくのだから、自分に合った人間性と共にしたい。
今後長い年月を一緒に過ごすこと・その間に生じる様々な問題を一蓮托生で乗り越える必要がある点を考えると、中身が成熟した大人の男性でないとやっていけないから。利己的で自己中心的だったり、気に入らないと手をあげたり罵詈雑言を並べたり精神的に攻撃してくるような人は、いくら国宝級イケメンでも願い下げである。
ずっと一緒にいると考えた時一番は性格だと思う
人間性が合う、もしくは容認出来る範囲でないと長く続かないし、結婚した後も大変だと思うから。
いくら見た目がよくて収入があっても、人間性が最悪だと一緒に暮らせないので
人間性が最低な人は、いくら収入が良かったとしても結婚相手にはしたくないため。
人間性が尊敬できる人でないと一緒に生活するのは難しい
人間性が自分の理想と合ってないと結婚しても上手くいかない気がするから。
他の項目全てが「人間性」として表れるから
人となりはなによりも大切であり、人柄がよければプラスの影響をうけるので自分にあう波長のあう人柄は大切だと考えます。
人間性はなかなか変えられないから。
人が悪い人、嘘をついたり騙したり、誠実さがない人とは一緒にいたくないから
長く付き合うから
改善することが難しい部分だと思うから。
人間性の部分で惹かれる部分や尊敬出来るとこがないと、どんなに年収が高くても顔が良くても付き合えないです。
人として尊敬できたり、性格が合わないと、結婚生活は続かないと思うからです。
基本的な礼儀ができるか、悪い時にそれを認めて謝ることができるかが大切なことだと思っているから
何が良くても人間性が悪かったら一緒にいられないので
アラフォーで独身というのは何か理由があるはず。一緒にいて苦痛を感じるような人とは生活できないので、常識の範囲内で人間性が一番大事だと思う。
性格が、一番大事だと思うから。
他が良くてもそこがだめだと台無しになるから
人間性が良くなければ興味すら湧かないため。
“お金や仕事内容も重要ですが
結局は人間性が一番大事だと思います。”
人として尊敬できたり共感を得れるか、一緒にいて疲れないか、心地いいか。長年一緒に暮らすかもと考えたら人間性が合わなければいくら収入がよくても続かないと思います。
この人と何があっても生きていきたいと思える人じゃないと無理だから。
お金があっても外見が良くても、性格が良くないと生涯一緒にはやっていけない。
収入や外見が良くても人間性に問題がある人とは一緒に過ごせない。
長く一緒にいるにあたり、性格が合う人が良いから
人柄が良いことが、大切だと思うからです。
人間性が良くないと一緒に生活していくことは難しいと思うから。
趣味嗜好が一緒でなくても良いから、人の好きな物にケチをつけない等、イライラしない人が良い。アラフォーならなおさら、人間的にある程度成長していてほしい。
人として信頼できなければ、もし結婚したとしてもうまくやっていけないと思う。
結婚生活ではお互いを思いやったり、尊重したり、相手のことを考えることが大切だと思うので、人間性が良くないと長くやっていけないと思うからです。
他人同士が生活する上で相手を思いやる人間性が大事だと思うから
どんなに収入が良くても人間性が良くないと、一緒にいて大変だと思うからです
他の条件がどれだけ良くても、一緒にいて人間的に心地良くなければ結婚生活は楽しくないと思うので。
結婚をして長い間生活を共にすることを考えると一番重要視しなければならないことだと感じる。
人間性が良くないと、恋愛や結婚も続かないと思う事と、一緒にいても楽しめないと思うからです。
40近くなると人間性は変わらないから。これまでの生き方が出ていると思うから。
結婚し一緒に暮らすとなると人間性が自分の好みでないと長続きしないと思うので。
人間性が良くないと、長くは一緒にいられないと考えるからです。
何をするにしても、人間性はつきものだから
一緒に生活をともにする人だから、人間性が良くないと好きになれないし一緒にいるのも苦痛になるから。
尊敬できない相手といるのは、無理だから
人間性が全てだと思うから
それがあっていないと関係性は長続きしないから。
人間性は大きく変化しないと思うので。
一緒に生活していく上で人間性がよくないと嫌いになりそうだから。
人間性が良い人は他の部分も良いと思うからです。
結婚を意識した時に、避けては通れないところだと思うから。
毎日一緒に生活するので、人間性が一番生活に関わってくると思うから。人間性は変えられないから。

「趣味が似ている」を選んだ方の意見

年代が離れていても似た趣味があれば趣味を共有することができるから。
価値観がなるべく同じ人と一緒になりたいからです
趣味が似ていないと話題が無くなりがちだから。

「仕事や収入」を選んだ方の意見

共働きなら男性の収入にこだわらなくとも・・・といっても、妊娠、出産、育児を経ての女性のキャリアの作り方というのはまだまだ日本では難しい部分がある。元から子なしを選択するならまだしも、そうでないなら相手の収入が一番気になります。結婚後は女性が主に家事、子育てをしていく事になるだろうし、自分より稼ぎもないのに口だけ出されるというのは辛い。相手が年上なら尚更。
お金で悩んだり、揉め事が起きてほしくないから。
人間性も大事だが、収入が少なく経済的に厳しくなると全てに影響してくると思うから。
結婚生活をする上で円満に暮らせるかどうかのポイントだと思うから
“一生続くのが仕事であり、自分との関係も一生続く。
彼の仕事への理解がないと、一緒に生きていくには苦痛になってしまうから。”
家族の時間があるか、経済的に問題ないか重要なため
その年齢だとそろそろ転職も難しくなってきて老後も考えないといけない年になってくるから
年齢がそこそこいっているので収入面を期待する
収入が1番重要である。
金がないとまともな生活ができないから。
カツカツの生活はしたくないから

「見た目・外見」を選んだ方の意見

見た目が良ければ他がダメでも多少カバーされると思うから。
清潔感がある人がいいと思うから
まずは第一印象が大事だと思ったからです。
年上男性が昔から苦手。身だしなみをきちんと整えてファッションも似合うものをきちんと着こなせる方が良い。

「金銭価格」を選んだ方の意見

金銭感覚が違うと揉めると思うから。
一人暮らしでの金銭感覚が狂ってると結婚生活が成り立たないため
金銭感覚が合わないと何事も一緒に楽しめないような気がする。お金を持ってても散財したり、ケチ臭い人だったりすると今後の生活も大変そうな気がします。
結婚を意識するなら金銭面だと思った
いくら収入が多くてもあるものを湯水のように使うような人では苦労するし、ケチすぎてもストレスが溜まるので自分と感覚が似ている人が楽でいい。
金銭感覚が似ている方が、生活していて揉める事が少ないと思いました。
金銭感覚が似てる人じゃないとお金絡みで喧嘩することで家庭内がギクシャクしてしまうと思うから。
TPOなどのお金をかけるべき場所の認識が違うと夫婦としてやってられなくなるため
お金は生活に直結することなので金銭感覚が合わないとストレスになると思います。
お金の感覚の不一致はもめやすいから
結婚するからには未婚の時に金銭感覚が自分とあまりにも違うと不安になりそうだから。
金銭感覚が合わないと、後々トラブルが起きたりストレスを感じることになると思うから。
金銭感覚が合わないと恋愛も結婚も長続きしないと思うからです。
どれだけ稼いでも、お金の使い方がわかっていないと一緒に生活できないから。
収入の多い少ないに関わらず金銭感覚が違うと生活レベルが変わるから
自分と同様の金銭感覚を持っている人でないと、いくら性格が良くても仕事ができても合わないと思うから
お互いに大人なので、金銭感覚は同じでないと生活出来ない。もし20代だったら、趣味や人間性を重視しますが、40代で金遣いの荒い人は、結婚に向かないと思います。

金銭感覚の重要性について様々な意見が述べられています。結婚生活を円滑に進めるためには、金銭感覚が合っていることが重要であるという意見が多く見られます。以下にその理由をまとめます。

  • 金銭感覚が違うと、家庭内で喧嘩やストレスがたまりやすい。
  • お金の感覚が違うと、夫婦としての生活が成り立たなくなる可能性がある。
  • 金銭感覚が似ている方が、生活していて揉めることが少ない。
  • 金銭面は結婚生活において重要な要素であり、感覚の不一致は長続きしない恋愛や結婚につながる。
  • 年齢やライフステージによって、金銭感覚の重要性が変わることがある。


このように、金銭感覚の一致は結婚相手を選ぶ際に重要な要素であると考えられます。お金の使い方や価値観が似ていることで、夫婦間のトラブルを避け、ストレスを軽減することができるでしょう。結婚相手を選ぶ際には、収入だけでなく金銭感覚も考慮することが大切です。

「お酒やたばこの好み」を選んだ方の意見

お酒の場で態度が変わらずに嗜めるか、モラル、マナーを守って喫煙出来るかで他の重要視した金銭感覚、人間性も表れるような気がするから
どんなにイケメンで金持ちでも喫煙者は絶対に嫌だからです

結婚相手選びで重要なのは「人間性」となる理由とは

多くの人が、結婚相手に求めるものの中で、最も重要だと思うのは「人間性」と回答していました。
人間性とは、性格、価値観、行動、コミュニケーションスキル、思考回路、感情など、人としてのあり方や魅力の総称です。

人間性が重要視される理由は、以下のようなものが挙げられます。

長期間一緒に過ごすことが前提であるため

結婚は、ひとつの人生のうちで最も長い時間を共に過ごすことを前提にしたパートナーシップです。一緒にいる期間が長ければ長いほど、人間性の相性が合わないとストレスがたまり、幸福感を感じられなくなるため、人間性が重要になります。

人間関係を築く上での基盤となるため

夫婦関係は、家族や友人との関係を含めた広範な人間関係の中で築かれています。良好な人間関係を築くためには、お互いに相手を尊重し、信頼し合える関係が必要です。これらの基盤は、相手の人間性によって支えられるため、人間性は重要な要素になります。

夫婦関係の円満につながるため

夫婦関係が円満に維持されるためには、お互いに相手を理解し、受け入れ、尊重することが必要です。また、お互いにコミュニケーションを取り合い、良好な関係を維持するためにも、人間性が重要な役割を果たします。

子育てや家庭運営においても重要な役割を果たすため

夫婦の関係は、子育てや家庭運営にも深く関わっています。良好な家庭環境を作り、子どもたちが健やかに成長するためには、お互いに協力し合い、信頼し合うことが必要です。これらのことを支えるのは、人間性です。

以上のように、結婚相手に求める最も重要な要素は、人間性であると言えます。ただし、人間性とは多岐にわたるものであり、この人と何があっても生きていきたいと思えるかどうかが、一番大事だと思います。

結婚は、相互の生き方や価値観を尊重し合い、助け合って進むものだと考えられます。だからこそ、人間性が合わないと、共感や尊重が難しく、一緒にいる時間が不快に感じられることもあります。また、結婚生活ではコミュニケーションが非常に重要です。夫婦間の会話がないと、重苦しい雰囲気になり、息が詰まるような感覚が生じることがあります。家に帰りたくないと感じるようになったら、それは最悪の状況です。

人間性が合わない場合、コミュニケーションがうまくいかず、摩擦が生じることがあります。これにより、互いに不快感を抱えることにもつながります。従って、結婚相手に求める条件としては、外見や収入だけではなく、性格や人間性といった内面的な要素も重要であると言えます。もちろん、人間性に関して完璧な人は存在しません。自分が許容できる範囲であることが大切です。そのため、結婚相手を選ぶ際には、見た目や収入だけでなく、相手の内面にも目を向けることが重要だと考えられます。

今回のアンケート結果を踏まえて

男性がアラフォー・40代に求める理想貯蓄額は1位「500万円」、2位「800万円」となっており、経済力が求められることがわかりました。

今や夫婦共働きが当たり前になっていますが、女性からすれば結婚相手の経済力によって結婚後の生活が大きく異なることは容易に想像できます。経済力だけでお相手を決めるわけではありませんが、できればそれなりの貯蓄や資産を持っている男性と結婚したいと考える女性が一般的です。

男性はコツコツ貯蓄や自己投資して、稼ぐ力を身につける努力を継続することが求められるのではないでしょうか。

一番ダメなのは現状を卑下してマイナス思考になることです。どうせダメだから・・・俺なんて結婚は無理・・・・
このようなマイナス思考になることは避けてください。


今やれることをやっていくしかありません。給与が低くても婚活方法を変えることで理想に近い女性と成婚するアラフォーも多くいます。中国国際結婚なら日本に住んでる女性とお見合いして、交際期間を経て結婚となります。さまざまな価値観が認められる時代なので、国際結婚へのハードルもだいぶ下がっています。国際結婚への偏見がある人もいますが、それは自分だけが気にしすぎているだけかもしれません。その証拠に中国国際結婚お見合いパーティは良いとしている人が4割近くもいました。知人や親類が国際結婚するとしたら応援する人が多くなっていることからも、国際結婚への偏見はさほどなくなっていると言えるでしょう。