30代女性「53%」が男性の理想年収「〜500万円」恋愛と結婚に関する意識調査

30代女性限定で結婚・恋愛に関する意識調査アンケートを実施しました。
男性の理想年収や恋愛と結婚で、男性に求める条件などお相手選びについて違いがあると思うかなど、いくつか質問してみたのでご紹介します。

アンケート内容
  • 結婚相手として考えるなら、何歳くらいの人が理想ですか?
  • 結婚相手に求める理想年収はどの位ですか?
  • 理想年収を満たす男性」は、あなたが出会う人や周囲にいると感じますか?
  • 「お付き合いしても良い男性」or「結婚しても良い男性」で求める基準は異なると思いますか?
  • 結婚へのハードルで一番高いと感じるのはどれだと思いますか?

このような内容のアンケートをお願いしました。

■調査方法:インターネットのクラウドサービスによる選択式および記述式
■対象者:184人
■調査時期:2022年9月15日~16日
■有効回答数:184
■調査期間:自社調査

質問1 結婚相手として考えるなら、何歳くらいの人が理想ですか?

30代女性にお願いしたアンケートなので、同世代である「30歳〜35歳」「36歳〜40歳」を選んだ人が全体の9割近くとなりました。

質問2 結婚相手に求める理想年収はどの位ですか?


30代女性の53%が「〜500万円」を理想的な年収と考えていることがわかりました。

「〜400万円」とした人も22%いました。理想を求めれば高収入なのかもしれませんが、現実的な年収条件として考えている女性が一定数いるということが想像できます。

次に、自分が理想としている年収条件を満たす男性が周りにいるか?といった質問をしてみました。

質問3 理想年収を満たす男性」は、あなたが出会う人や周囲にいると感じますか?

  • 多くいると感じる
  • 少ないがいると感じる
  • あまりいないと感じる
  • 全くいないと感じる

約6割の人が多少なりともいると回答しました。一方「あまりいない」「全くない」と感じてる人も約4割いることがわかります。全体として結婚相手として考えられる理想年収を満たしている男性は「少ない」と感じている女性が多いのかもしれません。

質問4 「お付き合いしても良い男性」or「結婚しても良い男性」で求める基準は異なると思いますか?

この質問は意見が割れましたが、半数以上の人が「異なる」と回答しています。
回答理由を自由形式でお願いしているので、そちらをご覧ください。

違うと思っていたが、結果この年齢になり一緒だと気づいた。
付き合うことと結婚は直結してると思うので。
もう結婚出来ればいいと思っているから。
恋愛のあとに結婚があると思うので、同じだと思ったので。
お付き合いするイコール結婚だと思っているので。
年齢的に余裕がないので、結婚も考慮した上でお付き合いする男性を選ぶため。
お付き合いしていて良いと感じたから結婚につながると考えています。
お付き合い=結婚と考えています。
“お付き合いできる男性でないと結婚できないから
お付き合いの延長線に結婚があるから”
お付き合い=結婚だと思ってるから
金銭感覚が大切だから
付き合いの延長で結婚したいとなると思うから。
結婚も視野に付き合うか判断しているから
一対一のパートナーシップを大切に育んでゆくと自然とその延長線上に結婚がみえてくると思うので、この方とは将来を考えられないなと感じたら、じぶんの場合は気持ちが引いてしまいます。ですので、求める基準は同じです。
無駄な時間を使いたくないなら結婚を考えてない人とは付き合わない
経済的な部分が付き合いたいと結婚したいは絶対に違います
結婚を前提にお付き合いしたいから
価値観が大事だと考えており、両方に同じものを求めている。
付き合うのが結婚に繋がると思うから
結婚を前提に付き合いたいため
お付き合いしたいということは結婚していい人と思うから
お付き合いが長くなるほど相手との相性は良く結婚も考えられるので、お付き合いする男性と結婚しても良い男性は一緒で考えてました。
結婚を視野に入れてお付き合いすると思うので、同じだと思う。
あまり考えたことがないが同じような気がするから
お付き合いする方は、ゆくゆくは結婚を考えて付き合いたいのでおなじです。
自分もいい歳なので、付き合う=結婚で考えているから
金銭感覚や性格が合わなければ、まず付き合う事もありません。
結婚を前提に付き合いたいから。
お付き合いした延長線上に結婚があると感じるから。
自分と価値観や考え方が合うか
どちらも恋愛であるので一緒。
三十歳を過ぎてくると、付き合いもすべて結婚を前提となるため。
結婚はお付き合いの延長線上にあると考えるため、必然と条件は同じになる
年齢的にも分けて考えていないから
とにかく起こりやすくて、手が出ない人がいい
同じ人間だから根本は変わらないと思うから
結局好きな人と付き合うし、結婚もするから。
一緒にいてもストレスが少ないことが基準
恋愛関係に限らず、感情を自身で制御できること、自分の生活の面倒を自分で見れることを仲良くなる条件としており、この条件から外れると結婚であろうが遊びであろうが面倒がふりかかる可能性が大きいので親密になるのは難しいから。
結婚は生活がかかっているから
考えたことがないです。
付き合うのは結婚を前提にしているので、基準は同じになる。
付き合うだけなら、ただ楽しく過ごせればいいと思うけど、結婚となると辛いこと、大変なことが多くなるので、基準が異なってくると思う
お付き合いも結婚も全てを含めて考えているので、条件は同じだと思います。
30代になると付き合う=結婚を意識する対象になってくると思うので。
性格や金銭面でも一緒だから
変わることがないから
一緒にいていいと思うなら結婚もそれでいいから。
歳も歳なので、最終的に結婚に向けた相手と付き合いたい
付き合う中で結婚を考えるから
同じだと思います。ダラダラ付き合わず良いと思ったら直ぐ結婚したい。
お付き合いの延長線上に結婚があるから
好きになること自体が奇跡なのでずっと一緒にいたいと思うから。
結婚も付き合いも人付き合いには変わりがないので区別する理由が無い
お付き合いする人なら結婚も一緒に考えるからです。
お付き合い=将来的に結婚するものだと思ってるから
付き合うのはただ楽しいだけの人でもいいが、結婚となると身の回りのことを自分でできる生活力や経済力が大事
お付き合いイコール、結婚を目的として進んでいきたいから。
求める物はあってもまずは付き合いからお互いの事を知ると思うので、そこを通らないと結婚は意識出来ないと思うから。
お付き合いが続く中で結婚を考えていくと思うので、最終的には同じだと思います。
お付き合いしたい人は結婚したい人なので、基準に違いはない。
結婚できないような人とは付き合いたくないから
特にありませんからです
どちらも好きになる人だから同じ
お付き合いが結婚の前段階としての認識だから
本人の人間性が大事だと思うので基準は異ならないと思います
お付き合いしたいと思わないと結婚したいと思わないから。
結婚でもお付き合いでも、真面目に付き合いたいので基準は同じかなと思いました。
一緒にいて落ち着ける相手を探しているため
付き合った延長線上に結婚が見えてくると思うので同じだと思います。
私にとっては楽しくお付き合いできる人となら結婚生活も楽しめると思うので、お付き合いできないと結婚相手にはつながらないからです。
一緒にいて安心出来る人が結婚相手にはいいと思います。
学生時代や20代前半の頃は、異なっていたが、今は結婚を前提に相手を探しているので、付き合うと結婚は同じです。
30代からはあまりその違いはなくなった。
結婚を前提での付き合いを考えているから
金銭感覚やフィーリングが合い、恋愛しても結婚しても変わらないと感じるのであれば、基準は異ならないと思います。
結婚を前提としたお付き合いになると思うので、求める基準は同じになる。
お付き合いの先に結婚があると思うから
お付き合いして好きな人と結婚することが理想なため
お付き合いの延長に結婚があるので、同じだと思うから
付き合いたいと思う人は一緒にいたいと思う人なので、それは結婚してもいい人だと思う。
恋愛と結婚は違うから。
ときめきと安定と、それぞれを求める比率が違うと思う。
付き合うのは楽しいだけでもいいが、結婚だと責任や経済的問題や親族絡みが発生するから
自分がある程度の年齢になっているので、お付き合いするとしても安心感や常識がある方を求めているから。
お付き合いと結婚別物だから
ただ付き合っているだけなら、嫌になったら別れればいいけれど、結婚したら簡単に別れられないので、基準が少し厳しくなるからです。
ただ遊んだり気楽な話をできる相手と、一緒に暮らしていける相手は違うと思うから。
結婚してしまうと簡単には別れることができないから。
付き合っても良い男性は、ルックスが良かったり誠実な人。結婚する男性は経済的に余裕がある人と、相手への思いやりや理解能力が高い人
お付き合いなら友達感覚でいいが、結婚となると生活を基準に考える
付き合う前から、本当に結婚しても良い男性かは分からないと思います。付き合う基準は下げて、付き合ってから見定めた方が良いかと思いますが、時間はかかってしまうと思います。
お付き合いであれば一緒にいて楽しいや趣味が合うなど個々人の相性が合えばお付き合いできますが、結婚となるとお互いの今後に対しての価値観が合うかや家族の関係なども関わってくるので基準は異なると思います。
付き合いだけの相手ならグイグイアピールして積極的な人がいいけど、結婚相手なら優しく冷静な人がいい
結婚となるとやはり生涯を共にするということなので、好き、楽しいだけでは生活できないから。
お付き合いするのは別れることもできるし簡単だけど、結婚は簡単にはいかないし、価値観なども関わってくるため
お付き合いしても良い男性は見た目重視、結婚しても良い男性は安定感重視のため
生活力があるかどうか
お付き合いしても良い男性は、単純にその人が好きという好意を持っただけで、進展出来ると思います。ですが、結婚しても良い男性はそれだけではダメで、家族関係や経済的な理由などクリアしてないと結婚には至れないと思っています。
“一緒に生活していくとなるとやはり楽しいことだけではなく、苦労も共に乗り越えなければいけないと思うので、
お付き合いだけなら、違うなと思えば別れるのもそう難しくはないかもしれないが、結婚となるとそんな簡単ではないと思います。”
付き合っていて楽しくても、結婚となると経済的に安定していて欲しいし、家事出来ない人は無理だと思うからです。
何を重要視するかの基準が状況によって変わるから。
結婚というのは、本人同士だけの問題ではないからです。その点、お付き合い目的なら、その縛りはないと思うからです。
付き合いの方が気軽で、結婚相手となると毎日一緒に過ごしたり、家族や親戚、相手の友人など多くの人との関係も必要になるから慎重になります。
結婚すると2人のことだけでなく相手の家族とも付き合わなければならないので、結婚後も付き合いたいと思える家族なのかが重要になってくると思います。
結婚するとなると、自分の両親、義両親、子供に対する責任が生じるから
金銭面、将来の安定性
結婚は経済面重視したい
家族と仲がいいか、金銭感覚が同じ、子ども欲しいな、
お付き合いは通過点で結婚は一生。一生は一緒にいないけどその時楽しめる相手なら付き合ってもいい人になると思う。
長期的な居心地の良さが大切だと感じます。
彼氏だけであれば、プライドが出てくるので実際に結婚した場合と変わりそう。
一緒にいて心がドキドキするのがお付き合いしてもいい男性、一緒にいて落ち着くのが結婚してもいい男性なので、基準は異なると思っている。
結婚は収入が安定していることが重要だと思う
付き合うのはその人を知るためなので誰でも良いが、結婚となると長く一緒にいることが前提なので、基準は大きく変わってくると思うから。
結婚となると相手がどれほど想ってくれているのか将来の事など色々あるのでそこは見極めます。
結婚すると一緒に暮らさないといけなくなるので価値観の違いが出てきそう。
恋愛はドキドキを楽しむイメージ、結婚はドキドキよりも安心感を得るイメージです。
結婚は二人の人生なので責任が伴うからお付き合いする人との求める基準が変わると思うから
結婚は楽しいだけでは続かないと思うから。金銭面の問題や親せき付き合いなどがあり、絶対に誠実な相手でないと結婚は出来ないと思うから。
お付き合いする分には多少の我慢はできるけど、結婚となると一緒にいる時間が桁違いに大きくなるから
結婚は家同士の関係ができるのでご実家がまともでなければ結婚はできません
お付き合いだけなら一緒にいて楽しいかどうかだけ考えていればいいが、結婚するとなると相手の家族関係や同じ家で十年以上暮らせる人柄かどうかが重要になってくるので
付き合ったり別れたりの恋人関係は簡単だけれど、結婚は一生一緒という事を考えるから慎重になる。
結婚に向いている人かどうか
結婚となると、経済面やお互いの親の相性が必要となるためです。
結婚には経済面など色んなことが関係してくるから。
結婚して共同生活するとなるといろいろな面での価値観の一致や理解が必要だから
恋人と夫婦は違うと思っている。
一定の距離感を保ちながら関係性を築きたい人と、よりその人自身を知りたいと思う人は違う。
いくらフィーリングが合っても生活が出来なかったら意味がないので収入は大事。
結婚となると年収も重要になってくるので
付き合うだけなら、お試し感覚でいけますが結婚となると色んなことに腹を括らなければなりませんので。
異なります。お付き合いしても良い男性は一緒にいて落ち着く、性格が合うなど、あまり条件はありませんが、結婚しても良い男性となると、どうしてもプライベートな部分まで、気になってしまいます。収入や価値観が生活面でも合うかなどです。
結婚を前提としていないお付き合いであれば多少のことは許せたり見放せたりするが、結婚して家族になると考えると妥協が出来なさそう。
結婚となるとやっぱり物事の許せる範囲が違う
恋人と結婚相手に求めることはイコールではないから
付き合うことと、結婚することでは意味合いが異なるため。
恋人になることと夫婦として生涯を共に過ごすことは全然違うから
結婚になると相手の親も関わってくる
付き合うのは短くても良いので誰でも良いが結婚するなら末長く一緒にいられる落ち着いた人がいい
経済的というか将来ちゃんとしっかりしているとか
“結婚となると一生一緒にいることになるので
経済力や生活能力、子育てなど条件が変わる為”
結婚となると家族になり、人生を一緒に歩むことになるので慎重になります..。
恋愛と結婚は別物だから
付き合ってる段階ではお互いに素をだしきっていないと思うから
結婚は人生ずっと一緒にいる為
ただ楽しくお付き合いをするだけなら、長男でも、お金がなくても、一緒にいて楽しければ何でも良いです。しかし、結婚となると話が違ってきます。できれば長男は嫌ですし、ちゃんと働いてお金を稼いでいる人じゃないと結婚は考えられません。
楽しいや好きだけでは結婚はできないと思うので
“家事など、手伝ってくれる方が良いから。
結婚してみないと分からないと思うから。”
一瞬や遊びなのかとずっと共にするかは別の話だと思う
結婚はまずは経済力だと思います。
自分の家族になると思うと周りからの自分の評価にもなると思うから
結婚しても良い人は、人柄重視になる。
一緒に生活する上での価値観が一致していないとむ難しいと思う。お金のなど。
お付き合いだけであれば、少し嫌なところがあっても我慢してしまうかもしれませんが、結婚相手となると、一生一緒にいることになるので、嫌なところがあっては一緒にいられないとおもうからです。
結婚は家族同士の結びつきでもあるので、結婚相手はその辺りも考慮したい。お付き合いして楽しい男性と、一生を共にする相手は少し違う気がする。
お付き合いには楽しさ、結婚には安心を求めたいからです。
結婚は経済力がないと子供が生まれ際に苦労させる。
お付き合いだけだと当人同士の問題ですが、結婚となると家族を含めた話になる為。
お付き合いはただ相手が好きならできるけど、結婚は好きなだけじゃできないから。
年収や、育ちは結婚には必要
経済力や生活するにあたっての条件が必要。
経済力と結婚生活を長く続けられるくらい一緒にいて苦痛ではないか
付き合う段階であれば常識の範囲内であれば基準が低くなると思うが、結婚するとなると一時的でなく老後まで長い目で考えないと行けないので、基準というか見方は変わってくると思う。
付き合っている時は多少の性格や生活習慣のズレがあっても、お互いが納得できるくらいの違いであれば結婚しても譲歩しあえるのが理想的だと思う。
付き合うのは楽しいだけでも良いけど、結婚するなら楽しいだけでは一緒に生活をするのは厳しいかなと思います。
一緒に暮らしていけるか、価値観が合うかなど。
理想は同じですが、やっぱりずっと一緒にいることになるので付き合う人と結婚する人で基準は違ってくると思います。
結婚を前提にお付き合いをしたいからです。
お付き合いはお互い別の生活と考えていますが、結婚は共に生活することなので、経済面や生活力なども必要になってくると感じるからです。
結婚は今後の人生数十年を共に過ごさなければならないので、人としての価値観や性格をよく吟味しないと大変な思いをすると思う。
彼氏と旦那は違うと思う。彼氏は見た目や性格など見るが旦那となれば経済力が大事。
結婚しても良いという基準は、お付き合いするというハードルより高い為、基準はどうしても異なると感じる為。
付き合いだけではいいところだけしか見えない、お試し期間が重要だと思います。
お付き合いと結婚では気持ち的な距離感が全く変わってくるから
付き合うなら収入や仕事をあまり気にしないが、結婚となると安定している人がいいから。
人間的に真面目で金銭感覚がちゃんとしていいないと付き合うのは大丈夫でも結婚したあと大変だと思うから
結婚となると一緒に生活するので、自分のライフスタイルに合った人でないと難しい。
家族関係、経済力のふたつは、結婚相手には外せないですが、付き合うだけなら気にならないと思います。
結婚とは責任と生活だから人生を共に生きていけると思える相手ではないといけないと思うから。
お付き合いなら楽しければ年収が低くてもよいが、結婚は考えられない。
“付き合う場合は楽しい時間を過ごせればよいと思います。その際はあまり経済的な面は考慮せず、派手なお金の使い方をしていてもあまり気になりません。
結婚しても良い男性はその点堅実でお金の使い方にめりはりがある方を選びたいです。”
一緒に遊べる男性と、一緒に暮らしていく男性では楽しいだけなどではやっていけないので。

お付き合いの延長が結婚なので条件は同じといった意見も多くありますが、結婚は経済面など考慮してお相手を決めたいと考えている女性も一定数いることがわかります。

質問5 結婚へのハードルで一番高いと感じるのはどれだと思いますか?

  • 経済的な理由
  • 単純に良い人がいない
  • 結婚して自由なくなるのが嫌
  • 理想を求めすぎてしまう
  • 純粋に結婚への憧れがない

この質問は回答がバラけました。
人によって結婚へのハードルに感じてることが異なることがわかりますが、「良い人がいない」が32%で一番選ばれています。