独身のアラサー男女調査で「37%」が「一生独身でも良い」と回答。

アラサー世代である「26歳から34歳の独身男女200人」を対象に、結婚に関する意識調査を実施しました。この調査では、「結婚を意識する瞬間」、「子供を望むか」、「一生独身でも構わないか」、「結婚へのハードル」などの質問を通じて、若い世代の結婚観について掘り下げました。

調査の目的は、個人の結婚への願望、結婚生活への期待、そして結婚に至る障壁や不安を深く理解することにありました。各質問は、現代の若者が結婚という概念をどのように捉え、どのような要素が彼らの結婚観に影響を与えているのかを明らかにすることを狙っていました。

注目すべき結果として、回答者の37%が「一生独身でも良い」と答えており、結婚を必須とは考えていない層の存在が浮き彫りになりました。この調査を通じて、多様化する生き方や価値観の変化が垣間見えます。

アンケートの狙い

「結婚を意識する瞬間っていつ?」この質問から始まるアンケートは、結婚に対する現代の見方を深堀りします。子どもの願望、独身生活への開放性、そして結婚への道のりに立ちはだかる障壁を探ります。これらの問いは、結婚に向けての心理的転換点を探ることで、カップルが「結婚の決断」を下す瞬間の背景を明らかにします。

結婚に関するこれらの質問を通じて、私たちは現代人の結婚観や子どもに対する考え方、そして独身という選択をどう捉えているかを探求します。また、結婚へのハードルを特定することで、現代の結婚観や価値観、悩みや問題点を理解し、それに対応する方法やサポートが提案できるようになります。また、結果をもとに結婚に関するサービスやカウンセリングを改善することも可能です。

■調査方法:インターネットのクラウドサービスによる選択式および記述式
■対象者:200人
■調査時期:2022年9月12日
■有効回答数:200
■調査期間:自社調査

■アンケート参加者の性別

■年齢について

アラサーといういことで26歳〜34歳の方にご協力いただきました。

質問1 以下の中で考えた時、結婚したいと思う瞬間はどれですか?

  • 友達が結婚した
  • 体調を崩した
  • 親からプッシュされた
  • 独りの寂しさを感じた
  • 友達が結婚した・・・30.5%
  • 体調を崩した・・・17.5%
  • 親からプッシュされた・・・3.5%
  • 独りの寂しさを感じた・・・48.5%

約半数の人が「独りの寂しさを感じた」とき結婚したいと思うと回答しています。
次に選ばれているのが「友達が結婚した」ときで約3割となりました。

アラサー世代の結婚意識について

アラサー世代は結婚を意識する人が増えると言われるタイミングです。この年齢層の男女は、恋人がいるなら、結婚について考える機会があるはずです。このアラサー世代は、多くの人がキャリアを築く重要な時期でもあり、それと並行して結婚や家庭についても真剣に考えるようになります。社会的なプレッシャーや、自身のライフプランに基づいて、結婚を前向きに検討するケースが多いのです。この年齢層で結婚を考える理由は人それぞれで、友達の結婚や一人の寂しさだけでなく、将来の安定や子どもを持つ計画など、多岐にわたる要素が影響しています。

データによれば、「友達が結婚した」ことで結婚を考える人が30.5%、「一人の寂しさを感じた」ことで結婚を考える人が48.5%と、アラサー世代の結婚意識の高まりが示されています。

この結婚を意識する時期を逃すと、結婚せずに40歳や50歳になる可能性もあります。結婚が人生の全てではないとはいえ、恋人がいるなら、結婚について真剣に話し合う機会を持つことは重要です。

質問2 一生独身でも良いと思いますか?

  • いつかは結婚したい・・・63%
  • 一生独身でも良い・・・37%

アラサー世代の37%は一生独身でも良いと考えていることがわかりました。

アラサー世代が「一生独身でも良い」と感じる背景には、結婚に対する価値観の変化、経済的な不安、仕事との両立の困難さ、個人のライフスタイルの選択など、多岐にわたる要因が考えられます。近年、結婚や家族を持つことを最優先とせず、キャリアや趣味、自己実現を重視する人が増えています。その結果、従来の家族形成や価値観とは異なる選択をする人々が増えてきたとも言えます。

2024年現在では、政府・東京都を始め、少子化問題を解決することが最優先事項になっていますが、アラサー世代が独身でも良いと考えてしまう社会になっていることは、非常に問題です。

アラサー世代の結婚観:「一生独身でも良い」と考える背景と社会的課題

この「一生独身でも良い」と考えるアラサー世代の増加には、社会全体で取り組むべき課題があります。例えば、仕事と家庭生活のバランスを考える際に、現在の制度や職場環境は十分に配慮されているでしょうか。また、経済的な安定を感じられるような条件が整っているかも問題点です。

特に、独身を選択する背景には、結婚や子育てにかかる費用への不安があることが多く、これが少子化問題をさらに悪化させています。結婚・出産・子育てがしやすい環境を整えることが必要であり、それが進むことで「一生独身でも良い」と考える人々が減少するかもしれません。

そもそも「一生独身でも良い」と考えること自体が問題だと断じるのではなく、その選択が本当にその人たち自身の望むライフスタイルなのか、それとも上述のような外部的な要因によって選択肢が狭まっているのかをしっかりと考える必要があります。

ちなみに、一生独身でも良いと答えた人の男女別のデータはこちらです。

男性の回答)一生独身でも良いと思うか?

女性の回答)一生独身でも良いと思うか?

男女による差はほとんどありませんでした。

性別に関係なく、結婚しなくても良いと考えているアラサーが3〜4割もいるということになります。
結婚に対する考え方は人それぞれ。結婚に対して特に意識を持たない人が意外とスムーズに結婚の道を歩むこともあれば、真剣に結婚を望んでいる人がなかなか良縁に恵まれないケースも見受けられます。実は、現代のこの年代では3〜4割の人が結婚に対して特に焦りを感じていないと言われています。この傾向を踏まえると、今後の日本の婚姻率が減少することも考えられるのです。

質問3 将来子供を欲しいと考えていますか?

  • はい
  • いいえ

結婚自体を考えていない人が3割以上もいることから想像できるように、現代社会では結婚や子育てに対する価値観が多様化しています。更に、「子供を考えていない人」が4割もいるというデータから、今のアラサー世代がこのような感覚を持っていることが明らかになります。

この傾向が続くと、10年後の日本は更なる人口減少が懸念されます。人口減少は様々な社会問題を引き起こす可能性があります。例えば、日本の経済力の低下や社会保障費の増大、地域の過疎化など、問題点はとても多いです。アラサー世代が結婚に消極的な理由として、経済的な不安やキャリアの不確実性、または個人的な自由やライフスタイルを優先する価値観の変化などが挙げられました。これらの回答は、現代社会における結婚や家族形成に関する考え方の変化を示しており、将来的な人口動態にも影響を及ぼす可能性があることを示唆しています。

ちなみに、アラサー世代にとって「結婚することへのハードル」について自由形式で回答してもらいました。こちらも参考にしてください。

質問4 結婚することへ最もハードルだと思うのは何ですか?

毎日一緒に過ごす事。
経済力が低いことがハードル
一緒に生活していて、嫌な思いをすることがあったとき、素直に話し合って改善していけるか
一人の時間が圧倒的に少なくなること
相手との信頼関係がしっかり構築できているか
仕事柄出会いの場が少ないこと。
子供の教育費や住宅の購入費など、結婚生活を送る上で必要になってくると思われる出費への負担
自分の気持ちとモチベーション
お互いの両親、親族に気に入られるかどうか
自分の親です。(親が結婚相手にとても厳しいため)
自分の全てを受け入れてもらえるかです。
時間をつくりだしていくこと
“お金。
共有の財産になるし、お金が一番人格を変えるため、そこの価値観や信頼性が一番のハードルだと思う。”
出会う機会がないです。
親族関係など家族関係が複雑になることや、家庭について色々言われるのは面倒そうだなと思います。
日常生活での異性との出逢い
出会いがないので、どうやってみんな理想の人と会っているのかわからない。
子持ちの場合は、子供とお相手の相性も重要なので、その部分。
遠距離恋愛なのでお互いの距離がハードルです
お互いの親族が交際、もしくは交際相手を認めてくれるかどうか。
相手の好みと相性があうかどうか
経済面、家事などを全て考慮して生活していく力があるかどうか。
お互いの趣味や生活スタイルの尊重
結婚できる人と出会うこと。
お互いが同じ気持ちでタイミングが合うかどうか。
自分の生活が安定していないところ
他人と一緒に生活すること
自分の現在の収入と将来の貯金。
人のことを好きになれない。マッチングアプリの中でもどう選んでいいのか分からない
そもそも新しい出会いがない
女性なので、キャリア面で自分が思い描いている理想を多少なりとも諦めなくてはならないため、自分が心からそれでも良いと思えるかどうか
自分の仕事の不安定さや収入の低さ
とにかくいい出会いが無いです。
結婚相手の意味の無い理想の数々。
価値観の相違と相手家族の相性
犬と離れられないと感じていることです。
“周囲からの賞賛の声が多いか少ないか。
反対されているうちは難しいのでは。。。”
お金関連。結婚式自体の費用、もし子どもが生まれたときの養育費や学費など、使う用途が増えると思うので、賄えるか心配。あと、私自身借金があるので返済と貯金ができるか不安。
女性なら子どもを産むのにタイムリミットがあるので年齢だと思います。
相手と人生を過ごしたいと思うほど好きになること
親との関係、お金の使い方、価値観
本当に気の合う人を見つけること
一緒に住んでストレスかたまらないか
経済的に家庭を支えること
理想と現実の違いを受け入れること
自分の自由な時間を確保できるのかどうか
経済力が足りていないこと
一緒にいてどう感じるか、その人といて安心できるかどうかの判断。
自分がに経済力がないこと。
価値観の違いを埋めること。
相手の家族との関係。
1人に決めなきゃいけないということ
子どもができた時の自分の経済力の有無。
お金がないことだと思います。
結婚後に相手の性格が変わって家事育児を丸投げされたらどうしようという不安
年収と容姿などが関係
自由時間が減ること。
一人暮らしなので、人と一緒に暮らす事に抵抗があります。
まず出会うことだと思います。
相手の家族との関係性。
出会いが少ないことだと思います。
将来を見越した貯金をつくること
自身の経済力の無さが大きな課題です。
出会いの場が少ないこと
収入が少なく結婚資金がない。
家庭環境の違いによって生活スタイルや考え方が変わるので難しい
経済的なものだと思います
男性のほうが家を離れられず嫁が姑の世話をしなきゃならないことです。
一人より二人の方が居心地が良くなること
その男性が自分の運命の人かどうかの見極める能力
価値観、生活観の違い。
お金がかかること。今の収入のままでは厳しいと思います。
たとえ価値観や考え方が似ていてたとしても他人であることに変わりはないので価値観や物事の捉え方を擦り合わせることが良好な関係を続けるためにも必要だと思いますがそれが一歩間違えて妥協になってしまうと不満が溜まることになりそうなのでそこが一番のハードルだと思います。
自分一人の時間がなくなること
自分の自由が制限されること
互いの親へのあいさつや両家顔合わせなどの通過儀礼が面倒
お金の有無だと思います。
価値観が合うか合わないか
“やはりお金のことではないでしょうか。
結婚はかなりお金がかかりますので
どちらがどう払って行くのか、結婚してからどうして行くのかで話が合わないと難しそうです。”
将来に備えての貯金をすること
一生一緒にいれるかを考えること
金銭感覚、価値観が合うかどうか
相手と一生一緒にいたいと思うか
相手の嫌な部分も受け入れて生活すること
恋愛不適合者な気がしています。
“結婚することへ最もハードだと思うことは
金銭面、嫁姑関係だと思います”
一緒に暮らす上でストレスがたまらないとこ。
高年齢で出産が出来ない
自分のためにお金が使えなくなること。自分が好きな芸能人のためにお金を使いたいから。
自分に経済力がないこと。
金銭的に安定できるかどうか
病気になり働けなくなること
仕事や収入などの社会的な地位
お金がかなりかかること
ひとりの時間と場所が必要なので、他人と一緒に住むことが大変だと感じてしまうこと。
金銭的に無理があるので厳しいですね。
自分の条件に合う人との出会いがない
結婚願望が全くないという点
ひとりの時間が好きすぎて、誰と一緒でも億劫になる己の性格。
とくにはーどるはないです
0から関係性を築いていくこと
相手家族等に対する親戚づきあい
自己評価の低さを乗り越えてアピールすること。
責任が伴うことと、自由な時間とお金がなくなること。
長く一緒にいられるかどうか
1人でも生きていけるのにわざわざ相手を探したりお互いを知る過程が面倒だと思う気持ち
両家の関係性の構築のしかた
家族同士の付き合い方や周りとの付き合い方
金銭的に余裕がないこと。
お金や時間に対する価値観の違い
無償で相手の世話をすることができるかどうか
一緒に暮らすことがしんどいと思ってしまうこと
1人で生きていくにもお金がかかるのに結婚したら余計にお金がかかりそうなこと
一生食いっぱぐれる心配のない財力
金銭的な価値観が同じくらいであるかどうか
人といると気を遣って疲れること。
その人に対して愛情を持ち続けること。
生活環境が変わること
年齢。男性は若い人が良いだろうから。
結婚したいと思える相手に会えるかどうか。
相手との価値観の違い
経済力。やっぱり一定以上お互いに必要だと思う
出会いと恋愛が煩わしくなる
相手の親族や友人への挨拶
相手の親族の方達と家族関係を築いていくことです。
将来の配偶者となる為の恋人をつくること。
お互いの金銭感覚に対する価値観
転職を考えているので、収入が安定するかどうか
1人の生活での快適さから離れられない
結婚以前に出会いを求めていないことと自分の毎日の生活リズムができてしまっているせいもあると思います。
一人の時間を捨てる事
お互いの経済力とライフプランへの適応
自分の収入が少ないことです。
人と一緒に暮らさなくてはいけないこと。
相応な相手を見つけること
経済的に負担がかかること
一緒に生活していくことが苦にならないか
自分がやりたいことが、1人では決断(金銭面や費やす時間)出来なくなること。
異性と出会いが少ない
自分が誰かのことを好きになること。
親や周りの目が気になること。
お互いの結婚したいというタイミング
今後自分が養っていかなければならない金銭的な心配
義家族との付き合い。
今の1人の生活に慣れすぎてしまっているのと、それを変えていく労力、時間が足りない。また人との関係を築き上げていくのが1番難しいと感じている。
コロナ禍もあり、今まで以上に出会いの場がない
金銭面での価値観の相違
“結婚資金
子育てや教育にお金がかかりすぎる”
親と同居するかどうか
相手が気を許すハードル
なかなかいい出会いがない。
連れ子の存在、金銭面
出来上がった自分の生きた方を共感したり崩したり出来るかどうか
自分のスペックの低さ
お金の面ですかね。資金がないと生活できないですよね。
相手を見つけることだと思います
相手に対して魅力的である事
一緒になりたいと思える相手が見つからない
育った環境が違うがゆえの価値観のズレ
一緒に生活するリズムが違うこと。
金銭面で、家計が一緒になることに関しての負担
金銭問題、きっかけ。
お互い結婚したいと思えるか。
自分の異性としての魅力
出会いがなくてどうすれば良いかわからない
自分のやりたいことを我慢して、相手に合わせること
一生仲良くしていられるかどうか予想がつかないこと
結婚したいと思える人に出逢う事。
誠実な相手を探すこと
価値観の違いを認め合う事
結構ん願望があっても相手の同意が必要。
相手の家族の世話や付き合いを考えた時
金銭面的なことだと思います
いかなる時も二人で乗り越えていくなという決意。
一生一緒にいたい人に巡り合うこと
理想の相手が中々見つからない事です。
お金がなく余裕を持った生活ができない。
将来が不安にならない程度の収入
要介護の母がいることです。
一人生活に慣れた段階から二人の生活になる違和感。
子育てをすること。それに伴う金銭面。
私はズボラでマイペースな性格なので、人とずっと一緒にいると疲れます。
まず自分との相性が合致する人を見つける、見分けること。
結婚したいという気持ちにならない
自分自身がやりたい事が多いため、それにお金と時間を割きたいということ。結婚するとその時間が確保できなくなりそうと思ってしまうとい今は結婚したいと思えない。
環境や習慣の違う他人と同じ家で暮らし時間の使い方が変わること。
向こうの親族についてとの関わりを持つということ。
最初の出会いと話すきっかけ。
自分自身が相手に心を開けるかどうか。
親戚付き合いが増えることが一番のハードルだと思います。
なんの行動もしていないこと
自分がマイノリティーであること
良い出会いが無いので結婚願望もあまり湧かない事。
相手の親や親戚などの人柄
自分に使える時間が減ること。
多趣味なので趣味に時間を費やしたいという気持ちが強いこと。
他人との共同生活の大変さ
相手家族との今後の付き合い
金銭面と価値観の違い
一生同じ人と過ごせるのかと言う不安

経済面・金銭面に関する課題 (47件, 37.0%)
価値観・生活習慣の違い (29件, 22.8%)
出会いの機会が少ない (20件, 15.7%)
自由な時間の減少 (12件, 9.4%)
相手の家族との関係 (11件, 8.7%)
相性・相手への気持ち (8件, 6.3%)

経済面・金銭面に関する課題が最も多く、全体の37%を占めています。次いで、価値観・生活習慣の違いが22.8%、出会いの機会が少ないことが15.7%と続きます。自由な時間の減少、相手の家族との関係、相性・相手への気持ちについても一定数の回答が見られました。

一緒に生活することに不安を感じていたり、自由に使える時間がなくなることに懸念を持っている意見が目立ちます。

これらのコメントを見ていると「アラサー世代が感じる自信のなさ」と「現実主義的な意識」が要因となって、結婚への憧れやパートナーを持つことに不安な気持ちを抱いている人が多いのでは?と感じさせられました。先行きの不透明感の強い時代であることや、自分の自由な時間を大切にするといった風潮も結婚意識が弱くなっている要因なのかもしれません。

アラサー男女の出会いの機会が増えれば、多少なりとも結婚観への気持ちに変化が生じるはずです。この人と一緒に過ごしたい、この人を幸せにしてあげたいといった気持ちが芽生えれば、結婚という選択を考える人も多くなるでしょう。そこで、アラサー男女の出会いの機会について紹介したいと思います。

アラサーの出会いの機会について

  1. 同じ趣味や興味を持つサークルやイベントに参加する
    自分が興味を持っていることに関するサークルやイベントに参加することで、同じ趣味や興味を持つ人と出会う機会があります。また、出会いの場として有名な街コンや合コンなどもありますので、こうしたイベントに参加することも一つの方法です。
  2. オンライン婚活サイト・マッチングアプリを利用する
    最近は、オンライン婚活サイトやマッチングアプリを利用することで、出会いの機会が広がっています。プロフィールや写真を登録しておくことで、自分に合った相手を検索し、メッセージのやり取りをすることができます。
  3. 友人の紹介を受ける
    自分の友人や知人に、恋愛に興味を持っている人がいるか尋ねてみることも、出会いの機会を増やす方法です。
    ちょっと知り合いに声をかけるのは恥ずかしい。。。このように感じるなら無理にすることはありません。
    自分を知っている友人や知人に紹介してもらうことで、相手との距離が近くなることがあるので、声をかけやすい知人・友人がいたらお願いしてみるのが良いでしょう。
  4. 外出先で出会いを求める
    日常生活の中で、公共交通機関やカフェ、ジム、スポーツクラブなどで出会いを求めることもできます。自分が頻繁に行く場所で気になる人がいたら、積極的に話しかけてみることが大切です。

いずれの方法を取るにしても、自分自身が積極的に行動することが重要です。また、相手を選ぶ際には、自分の理想だけでなく、相手の価値観や性格にも注目して、出会いの場でのマナーを守りながら、良い出会いを求めていきましょう。

結婚するとは!?

結婚は新たな人生の始まりで、それぞれのカップルが異なる形をつくり上げます。この多様性が結婚をより豊かで楽しいものにしています。結婚は互いの違いを尊重し、理解する行為といえます。これには年齢、性別、人種、文化、宗教、価値観などが含まれます。これらの違いを受け入れることで、互いの深い理解と強い絆が生まれるのです。

結婚はさまざまな形をとります。
あるカップルは子育てに集中するかもしれないし、他のカップルはキャリアに力を注ぐかもしれません。あるカップルは共通の趣味を共有し、他のカップルは社会貢献活動に取り組むかもしれません。結婚は多様性を受け入れ、その中で成長し、絆を共有する美しい旅と表現することができるかもしれません。