2022年12月8日【クリスマスお見合いパーティ】エントリー受付中

【35歳以上独身男性】結婚しても良いと思った瞬間「ある」が「60%」、それでも結婚しなかった理由とは!?

これまで「結婚したい」と思った経験をお持ちの方は多いと思いますが、何らかの理由によって結婚しなかった(できなかった)人もいることでしょう。理由はそれぞれあると思いますが、35歳以上の独身男性へ「結婚しても良いと思った瞬間あるかどうか」についてアンケート調査しました。

また、35歳以上男性が同性の50歳独身の人について、「どうして結婚しなかったと思うか」について率直な意見をお願いしました。

■調査方法:インターネットのクラウドサービスによる選択式および記述式
■対象者:181人
■調査時期:2022年9月17日~18日
■有効回答数:181
■調査期間:自社調査

アンケート回答者の年代

質問1 結婚しても良いと思った瞬間はありますか?

35歳以上の独身男性の6割が「結婚しても良いと思った瞬間がある」と回答しています。
それでも結婚しなかった理由について自由形式でご記入いただているのでご紹介します。

 

「結婚しても良いと思ったことある」けど、結婚しなかった理由

 

タイミングが合わなかった
子供が産まれそして子育て
自分の家が金銭的に大変だったから
病気で倒れた時に心細かったから
彼女の実家に婿として入るのに躊躇った為
相手がいない
相手の都合で婚約が破棄になった。
結婚したい人とベストタイミングで出会わなかった
まだ自由に遊びたかった(当時30歳)
家庭の事情で諦めてしまいました。
結婚したかったですが、良い人に出会うことができなかった
一回結婚したことがあるが、離婚してしまった
結婚したいと思う人と出会えなかった
価値観が合わなかった
結婚したい人に出会わずに、仕事やその他のことで忙しくなり、タイミングを逃しました。
出会いがなかったからです。
好きな人とうまくいかなかった。
そろそろ落ち着きたいから
仕事が忙しく優先しました。
恋愛期間が長すぎてタイミングを失った
結婚したいと思った時期はあったが、相手にふられてしまったから。
一時期相手がいたんだけど仕事との両立がうまくいかなかった。
相手が仕事に集中したい時期と自分が結婚してゆったり家庭を作りたいと思った時期がずれたため。
結婚を考えた時に限ってしたいと思う相手がいませんでした。異性の友達はいますがあくまでも友達でしたし、交際もしていませんでした。
仕事の転機と相手との結婚観のギャップに気づき、結婚しなかった。
タイミングが悪かった
相手女性の実家の経済的な事情(いわゆる借金)を知った私の両親が大反対をして結局結婚できませんでした。
お互いの時期が合わなかったです。
これからもっと親密になるという時に自分が転勤になるパターンが多かった。
色々難しく考えすぎてしまった
タイミングがうまく合わなかった。
結婚したい人と出会わなかった
タイミングが合わなかった
結婚を考える人に出会えなかった
仕事の関係で
「結婚してもいい」と思った後、深く相手を知るにつれて、色々な性格の問題が見えてきたから。
自由さ、気楽さを失いたくない。
振り向いて貰えなかった。
経済力がなかった
現在お付き合いしている女性とそう思った事がある。今後彼女と結婚する可能性は大いにある。
結婚したいと思える人と付き合いが続かなかった
タイミングが合わなくて
仕事に疲れていたので
時期的な機会を逃した
結婚を考えていた人が、留学したいと外国に行ってしまった。一年で戻ってきたが、その後何となくうまくいかなくなってしまった。
昔お付き合いしていた女性と結婚を真剣に考えていましたが、病気で亡くなったため、現在まで未婚のままです。
自分はしたくなかったが相手のことを考えるとしないといけないと思った。
結婚出来る良い人に出会わなかった
出会いを求めるのがお金もかかるし面倒臭いと感じたため
コロナで有耶無耶になった
当時20代前半で早過ぎると思ったから
当時の関係で、フィーリングが合わなかった為、断念したまま現在に至ります。
仕事の都合で日本と海外を頻繁に行き来していたため出会いが無かった
疲れて帰ってきて孤独を感じるとき
彼女の仕事の関係で遠距離になってしまい、少しづつ疎遠になってしまったからです。
30歳の時ににて過労によるうつ病にかかり、人の人生を預かるという自信を持てなくなったためです。
一生寄り添うならこう言う娘だなぁ?と付き合ってるうちに思えるようになってきた矢先、彼女が他に気になる人いると打ち明けられた。
相手が浮気してあきらめた。
ただ単に相手がいなかったから
貯金がなく、できなかった。
自分よりも高根の花であった。
20代の頃は結婚願望は強く出会いを求めてました。がそうそう出会える事もなく、ズルズルと40代を迎える。
束縛がこわかったです。
仕事が忙しかったから。
結婚したい人がいなかったから。
相手に男ができた。
経済的な不安があった
仕事が安定しなかった
経済的な不安のため。
自分に決断力がなかった。
相手に好意を持たれなかった為
しんどい時に助けて貰える
タイミングが合わなかった
機会がなかった
振られてしまった
性格が合わないので別れました。
タイミングが悪かった
理由は両家があまりにも生活格差がありすぎたからです。
仕事が安定していなかったから
仕事の状況や経済的に安定しない為。
したいけどできなかった
仕事が忙しくタイミングが悪かった
相手からOKがもらえなかった
付き合っていた女性はいるが彼女も仕事をしておりタイミングが合わなかった。
そう思う相手がいなかった
一度プロポーズしたが、相手から今のタイミングじゃないと言われた
一緒に居て楽しいと思った時
タイミングが合わなかった
まだ遊びたいと思ってしまった。
相手がいなかった
相手がいない
タイミングが合いませんでした。
独身女性と出会う機会がなかった。
相手方家族の環境。
結婚したいと思う人に巡り会うことができなかった
タイミング
一人の方が楽しそう
中々出会いが無かった
タイミングが合わなかった
タイミングが合わなかった
結婚したいけど結婚するまでに別れてしまう
価値観が合うと思った。
タイミングがなかった
経済的に無理だった。
まだこれ以上がありそうだったから
経済的に自信がありませんでした。
結婚イコール子供のイメージがあり、私は子供を必要としていないからです。
一人のほうが自由な時間が多いから
赤い糸で結ばれてると今の奥さんと初めて出会った時感じました。裏を返せばずっとこの人と一緒にいたいと思う事が結婚しても良いと思ったと感じました。

 

結婚したいと思ったことない理由

1人が楽だからです。
かなりの人見知りなので。
結婚したいと思う人に出会いませんでした。
束縛が強く自由が無くなりそうなので。
金銭的に余裕がないから。
一人っ子であるため、自身が結婚すると家族の面倒が難しいため
自分のこと好きになってくれる人はいないからです。
世間の離婚率やシングルマザーの多さ、芸能人などの不倫報道を聞くと結婚=幸せと思わない為
結婚に希望を見いだせないから
稼げないので諦めた
結婚に興味がない
結婚しても良いと思える方に出会ったことがないからです。ただ、結婚願望はあります。
生活スタイルや経済観念が合わないと悟ったから
一人が好きだからです。
結婚制度そのものに否定的です。
タイミングがあわなかった
出会っていない
結婚へのイメージがあまり良くなく元々結婚願望が殆どありませんので
自分の時間がなくなるのでしたくない
出会いが無かった
出会いがなかったため
結婚したら自分の時間がなくなるから。
本気で好きになる人がいなかった
直感がまだきてないから。
心を惹かれる女性に出会わなかったから。
自分の時間が失われてしまうと感じるため。
一人のほうが気楽だからです。
経済的な理由です。
一人の時間を手放しても良いと思えるほどの相手がいない
いい人と出会わなかった。
既婚の友人男性の妻はヒステリックなところがあったり浮気性だったりとするので、それをみている結婚したいとは感じませんでした。
そもそも結婚しようと思ったことがないので、することの是非を問うこともない。
自分が結婚するとは考えていない
女性に興味がないため
一人の方が気楽で良いと思ってしまっているので、結婚したいと思ったことはないです。
趣味が多いためそこに費やせる時間が減りそうに感じるため
養っていける自信が無いから
結婚したい人と出会えていない。
結婚して責任を負いたくないから。
結婚したい人と出会わなかった
なかなか出会いがなかった
もともとの付き合うタイミングが少なかった
そこまで大切にしたい人だと思えなかった。
結婚にメリットを感じない。
結婚したい人と出会わなかった
結婚願望が昔からないから
結婚願望が無い。
結婚したいと思ったことがないため
結婚生活が想像できない人とばかり付き合ったのが主原因ではないかと思っています。
結婚したい人と思う女性がいなかった
その必要性を感じないからです。
一人でいる方が楽としか感じなかった。
良い人がいない
自由を謳歌したかった
この世は悪いことが多すぎるので18の時に異性関係をもたない、結婚しないと決め込んだから
結婚に興味がないです。
自分は結婚に向いてないと思った
別に困らない
結婚したい人に出会わない
結婚する気がはい
良い人に出会わなかった
女性から搾取されるなら一人がいい
性格的に自分が妻と子供と楽しく過ごしているというイメージが湧かなかったので。
人とかかわるのが好きではないから
そこまでの話をしなかったから。
出会いがなかった
条件が悪すぎるから
自分の環境や気持ちの整理できていなたったためです。
そういう出会いがなかった
自分の時間がなくなる
今まで理想の方と出会えたことがないからです。
結婚したい人と出会わなかった

それぞれ理由は色々あるようですが「タイミング合わなかった」といった意見が目立つ印象あります。確かに結婚は運・タイミングが重要なことは間違いありません。相性が良くお付き合いが上手く進んでいても、仕事が忙しく会うことできない期間が続けば、気持ちが離れてしまうこともあるでしょう。また決断できずタイミングを逃してしまったことで、結婚できなかった人もいるのではないでしょうか。

質問2 50歳時点で男性の4人に1人が未婚状態だと言われていますが、 もし未婚状態で来年50歳になるとしたら、ご自身は婚活を考えるでしょうか?

現在、独身である男性の意見は「来年50歳になるとしても婚活しない」が「68%」でした。
仮に独身で50歳を迎えるとしても、このまま一人で良いと考える人が多いようです。

 

次の質問は客観的な視点で考えた時、50歳で未婚の男性はどういった理由で結婚しなかったと思うか?を聞いてみました。この質問は周りの50歳未婚男性をどのような印象があるのか、知りたかったので質問しました。

質問3 50歳時点で未婚男性を思い浮かべたとき、結婚しなかった理由で最もこれだと思うのはどれですか?

  • 結婚のタイミングを逃した
  • 若いうちに積極的に恋愛しなかった
  • 本人の結婚願望が無い
  • 経済力が無い
  • 女性への苦手意識

回答は割れましたが、「本人の結婚願望が無い」を選んだ人が30%で最多となりました。次が「結婚のタイミングを逃した」で25%となっています。

35歳以上の独身男性の3割が、同性の50歳未婚男性について「本人の結婚願望がない」から未婚なんだろうと想像していることがわかりました。これは「結婚しない」選択をすることが、感覚として当たり前になりつつあるということの現れかもしれません。自分自身が結婚に魅力を感じていないがために、未婚の50歳男性は結婚願望がないから未婚なんだろうと想像しているのではないでしょうか。

このような感覚の男性が増えることによって、未婚率はさらに高くなってしまう可能性がありそうです。
そもそも最近の20歳〜30代男性は恋愛・結婚への意欲が低い傾向があると言われています。このことは社会全体の課題として、何らかの対策が求められるのではないでしょうか。